ブレイズ&フリーズ、真夏の夜のメモリー

 真夏の日差しも波の音も、体感できるものは全て三分間の休憩ではっきりと復活した。気持ちを新たにして正面の潤歩にしがみ付き、ちらりと振り返って秋常にもオッケーのサインを出す。
「行きますよ亜利馬くん……!」
「は、はい……あぅっ!」
 続けて二回目のセックスは、こう言ったら凄く失礼だけど──体の疲れを別とすればまだ負担は少なかった。潤歩が言っていた通り、初めにデカい方で慣らしてもらっていたからだ。秋常が小さいわけではないけど、これなら少しは余裕を持って撮影できそうでもある。

「あっ、……あ、気持ちいい、です……秋常さんっ……」
「……俺も気持ちいいよ、亜利馬くん。キツいのに、……ふわふわでとろとろで……」
「俺が解したからな」
 潤歩の言葉を無視して、秋常が俺の耳に舌を這わせながら続けた。
「こんなに愛らしく締め付けてくるアヌスは初めてです。亜利馬くん、俺の形を感じてくれていますか」
「ん、……はい、……秋常さんの、……ぐりぐりって……」
 乱暴ともいえる潤歩の激しさとは全然違う、秋常の腰使い。力は込められていないのにしっかりと大事なところは突いていて、そのスローペースな甘い快楽に、洩れる声もまた甘くなってしまう。

「ふあ、ぁ……」
 丹念に中を愛撫して引き抜かれ、奥の奥まで侵入し押し付けられ、またゆっくりと抜かれる。じれったいのに心地好い刺激が堪らなくて、俺は目の前の潤歩にしがみつきながらとろけた声で秋常に応えた。
「亜利馬、俺の前でそんなツラして良いと思ってんのかよ?」
 悪魔じみた笑顔で潤歩が俺の頬を両手で包む。
「だだ、だって……奥のとこ、ツンてされると……」
「デカければ良いってわけじゃないです。テクニックが無ければ宝の持ち腐れですね」
 背後で秋常が勝ち誇ったように嗤う。俺を挟んで睨み合う狼と狐。セックスの上手い下手なんて、慣れない俺には分からないのに……。

「ヨダレ垂らして物欲しそうな目で見られるとよォ、……妬けるんだけど」
「あ、ぁ……」
 キスをしてくれるかと思ったのに、潤歩は不敵な笑みを残してその場に膝を付き──秋常に持ち上げられ大きく開いた俺の脚の間で揺れるペニスを、口一杯に頬張った。
「あぁっ、あん──!」
 一度射精して萎えたそれが、潤歩の口の中でじわじわと再び芯を持ち始める。それと同時に、秋常の腰の動きが少しずつ速くなって行くのを感じた。突かれながらのフェラなんて、二回目でもそんなに持たない。あっという間に体が高ぶって、そして──
「あぁっ、ん……! 気持ち、いっ……お尻とちんちん気持ちいいっ、です……! もっと……両方、もっと──!」
 俺は右手で潤歩の頭をぐいぐいと股間に押し付けながら、俺を抱きしめる秋常の腕を左手で強く握った。
「ちょ、──あり、ま……てめっ……むぐっ……」
「い、痛いです亜利馬くんっ、爪を立てないでくださいっ……ていうか、そんな締め付けないでっ……」
「やっ、……やめないで……あぁっ、……も、もっとぉ……!」
「わ、分かった……分かりましたから、亜利馬くんっ!」
「ぶはっ、……亜利馬てめ──んぐっ、んぐぉっ」
 ───。

「……ごめんなさい」
 浜辺で全裸のまま土下座する俺を見下ろしているのは、山野さんと二階堂さんだ。
「いや、ある意味ハードなものが撮れて良かったと思ってる」
 二階堂さんがそう言ってくれて、
「ああ。二人に翻弄されるお前も良かったが、お前が二人を蹂躙するのもまた一興だな」
 山野さんも口元に笑みを浮かべてくれた。
「あ、……ありがとうございました!」

「俺は納得してねぇっつうの! 危うくイラマで吐きそうになったぞ!」
「お、俺も……腕についた痣は亜利馬くんの愛の証としても、危うくチンコが千切られるかと思いました!」
「……すいませんでした」