ブレイズ、初めてのお泊り会 -3-

 十二畳半の部屋で畳の感触を楽しみながら転がっていると、潤歩がふざけて俺の尻に腰を打ち付けてきた。
「オラ、ケツ出せ小僧!」
「やめてくださいっ!」
 ジーンズ越しにバンバンされて慌てる俺を見ても、獅琉と竜介は笑っているだけだ。しかも俺自身も条件反射というか、無意識のうちにうつぶせていた体を四つん這いにしてしまう。
「や、やめてぇ!」
「いいぞ、もっと鳴け」
「ちょっと潤歩さんっ、ほんとに……!」
 瞬間、部屋の襖が勢いよく開かれた。
「………」
 現れた山野さんが、俺と潤歩を冷ややかに見下ろしている。
「あ、山野さん違いますこれは……」
「……獅琉。潤歩、竜介。準備するからユージの部屋に移動しろ。亜利馬と大雅はまだ待機だ」
 完全に無視され、潤歩も少しバツが悪そうな顔で俺から離れた。

 今日の撮影は前半に獅琉達三人、後半に俺と大雅。大雅とは一度セックスしたけれど撮影で絡むのは初めてだから、何だか新鮮な気分だった。
 できれば前半組の撮影も見たかったけど、俺の鼻血で温泉を血の池地獄にするわけにはいかないから大人しく待機だ。あの三人が絡むなんて、凄く贅沢な──ボリューム満点のVになりそうだと想像してしまうけれど。
「んん……まだ?」
「あ、大雅起きたんだ。今、獅琉さん達が準備しに行ったよ」
「……じゃ、もう少し寝てる」
「大雅。俺、旅館の中ちょっと散歩してきていい?」
「いいよ……」

 早速部屋を出て廊下を歩いていると、機材を持ったスタッフさん達とすれ違った。色々な作品で使われている旅館だから、これからAVの撮影が行なわれると分かる人には分かるだろうなと思う。
 お土産売り場の正面は広いラウンジになっていた。ソファとテーブルが沢山並んでいて、コーヒーとお茶も飲み放題らしい。見ればおじいさんおばあさんが何人かいて、将棋を打ちながら皆でお茶を飲んでいた。
 俺も一杯だけホットコーヒーを飲み、お土産売り場を見て回って、大浴場をちょっとだけ覗き、庭に出ようと思ったけれどまだ雨が降っていたから諦めた。
 獅琉達の撮影が終わるまで時間はあるし、まだお菓子は食べられないし、外にも出られない。何となく旅館のあちこちをスマホで撮りながら歩いていると、ふと潤歩の言った言葉を思い出した。
 白装束のモデル。
 考えてみれば滑稽な話だ。女の霊とか子供の霊とかはよくあるけれど、ゲイビモデルの霊なんて聞いたことがない。
 忍び笑いをしながら部屋に戻り、一応寝ている大雅の姿も撮っておいた。
 テレビをつけて眺めてみたけれど、平日の昼前にやっているのは殆どが情報番組ですぐに飽きてしまい、結局俺も横になってスマホを見ているうちに眠ってしまった。

 それからどのくらい経っただろう。
「亜利馬。起きろ、亜利馬」
「ん……」
 薄らと開いた視界に山野さんの顔が映った。仰向けで寝ている俺の顔を覗き込んでいるようで、一瞬意味が分からなかったけれどそうだ、撮影があるんだった。
「お、おはようございます!」
 飛び起きて涎を拭き、大雅を起こそうと部屋の中を見回す。
「あ、あれ? 大雅は」
「もう行ったぞ」
「起こしてくれればよかったのに……」
 慌てて支度を済ませてから山野さんと部屋を出て、俺達は撮影場所の露天風呂へと向かった。