ブレイズ、初めてのお泊り会

 六月に入り、そろそろ湿気が気になり始める季節になった。
 梅雨は嫌いじゃないけど、獅琉は湿気で髪の毛がくるくるになってしまうと言って毎日鏡の前で試行錯誤している。
「風流で好きなんだけどね、この湿気だけどうにかならないかなぁ」
 今日も休みだというのに髪を気にしている獅琉を見て、俺は苦笑した。
「くるくるでもカッコいいですよ」
「くせ毛の辛さは本人にしか分からないんだよ」
 珍しくむくれる獅琉は可愛かった。仕方なく俺は荷物の整理に戻り、畳んだ服と下着をまとめてバッグに入れた。獅琉の部屋を出て行くことになったわけじゃない。俺は今、明日から行なわれる一泊二日の遠足の準備をしているのだ。

 俺にとって初めての「スタジオ以外での撮影」は、関東のとある温泉旅館となった。名前さえ出さなければAV撮影を可能としている旅館で、業界では有難い存在だ。ゲリラ撮影の被害でやむなく閉鎖される温泉などもある中、この「N旅館」はこちら側でスケジュールをきっちり管理すれば堂々と露天風呂での撮影ができるという。露天風呂は二つあり、そのうち一つを一般のお客さん用、もう一つを撮影用として貸し出しているのだ。
「AV女優さんと鉢合わせすることもあるのかなぁ」
「撮影で行く場合はブッキングだけには気を遣うから、殆どないよ。一般客として泊まりに行く場合ならありそうだけどね」
「そっか。万が一撮影時間が被っちゃったら喧嘩になりそうですもんね」
 ともあれ俺はわくわくしていた。元々遠出や旅行は大好きだし、ブレイズメンバーで温泉なんて想像しただけで面白そうじゃないか。たった一泊だけどバッグがぱんぱんになるほど荷物を詰めた。中には撮影が終わった後に食べるお菓子もたくさん入っている。

「そんなに必要ないよ、亜利馬。持つのが大変なだけだよ?」
「でも、置いてって後悔はしたくないんです」
「何が入ってるの?」
「一泊分の服と下着と、パジャマと、……お菓子です」
「お菓子が大半だね」
「だって楽しみじゃないですか。撮影は夕方までで、その後は翌朝まで自由なんですよね?」
「お菓子は向こうで買えばいいのに。コンビニだって近くにあるし」
「で、でも買っちゃったから」
「うーん、まあお菓子なら帰りは軽くなるか」
 獅琉のOKをもらい、俺はほくほく顔でバッグを抱きしめた。
 獅琉は帰りの服も行きと同じものを着るからと、部屋着と下着しか持っていかないらしい。お洒落な獅琉にしては意外だなと思ったけれど、服よりもスキンケア用品と使い慣れたヘアドライヤーなどを優先したいのだそうだ。シャンプーとリンスにボディソープまで小分けのビンに入れて持っていくらしい。

「泊まりでの撮影は楽しいから好きだけど、準備が大変なんだよ。荷物持って移動するのも好きじゃないし」
「じゃあ、獅琉さんの荷物は俺が持ちますよ! 後輩として!」
「ありがとう亜利馬。でも大丈夫」
「獅琉さん……」
「多分、亜利馬は潤歩の荷物を持たされると思うから」
「うっ……」