ライオンとトラ -6-

「や、やめっ……あぁっ、そんな、やめろってば……!」
「散宙って、全身性感帯? 俺でもそんな声出さないよ」
「初めてだからじゃないですか」
「そっか。じゃあ、大河はちんちん咥えてあげなよ。最終的にどんな声出すのか気になる」
 玲遠と向かい合うように大河が身を伏せ、屹立した俺のそれへと顔を落としてゆく。
「うあっ、あ……! 大河っ!」
 生温かい口の中、俺のそれに熱い舌が絡んできた。大河の舌は俺の根元から先端へ、そしてまた根元へ、裏側へ、まるで得体の知れない生き物のようにぬるぬると蠢いた。
「ん、……」
 そうしてまた、玲遠も俺の膨らみを口一杯に頬張る。中で転がされて吸われて、卑猥な音をたてて舐め回されて……。腰の痙攣が、止まらない。
「あぁっ……! あ、あ……もう、やっ……! あっ、ん……」

 男二人にこんなことをされて、感じてしまうなんて──。

「玲遠、さんっ……、大河、もう、……いい加減にっ……うぁっ、あ、そこ、駄目……っ」
「散宙、先端の割れ目が弱いんだね。大河そこ攻めるの上手いから、リラックスしてた方がいいよ」
「ひっ、──あ、うあぁっ……! や、だ……」
 俺は涙を拭って首を振り、宙で反り返る足の指をぴくぴくと痙攣させた。
「面倒なんで、そろそろイかせてもいいですか」
「まあ、いっか。俺も気が済んだし。じゃ、最後は二人で」
 俺の屹立の先端に唇を押し付けた二人が、うねうねと舌を動かしながら竿を手で扱き始めた。扱いているのは玲遠の手だ。白くて綺麗な長い指。二人の舌。絶頂はすぐそこまで迫ってきている。

「んあっ、あ……! ヤバい、です……! 気持ち、い……!」
「散宙、顔上げて。視覚的にもエロいと思うから、見てていいよ」
「う、あ……」
 促されるまま頭を持ち上げ、開いた脚の間に視線を向ける。
 玲遠と大河が、俺のそれを舐めている。だけど……
「い、あっ……! あ、あっ」
「はぁ、……大河ってばエロい顔」
「先輩もですよ」

 二人は、俺のそれを挟んで濃厚なディープキスをしているかのようだった。少なくとも俺にはそう見えた。
 俺の先端に絡む大河の舌は、そのまま同じように絡む玲遠の舌に遠慮なく触れている。玲遠が顔の角度を変えれば、二人の唇にすっぽりと包まれた先端が見えなくなってしまうほどだった。確実に俺のそれを愛撫しているのに、二人は互いを求め合って激しくキスをする恋人同士のようだった。
 堪らなく卑猥で、だけど奇妙な、強烈な刺激。
「い、きそ……です、……やぁっ! あっ、あぁぁっ……!」
 俺は与えられる快楽と視覚から得る興奮に、成す術もなく欲望を放出させた。
「は、あ、……ぁ……」

 俺を解放した二人が、自身の顔に付着した体液を手のひらで拭っている。
「ていうか俺も昂ぶっちゃったんだけど。大河、今日俺んち泊まってけよ。何度でもヤッていいからさあ」
「自業自得でしょ。俺は疲れてるんで、先輩相手に何度も持ちませんよ」
「あーあ、泊まりで予約入んないかな。今なら超絶エロいサービスできるのに」
「飯奢ってくれるなら付き合いますけど」
「いいよ。何食いたい?」