亜利馬、己との闘い -5-

 一瞬ストンと意識が落ちただけで、五分もしないうちに体を揺すられた気がした。
「んぁ……もう時間ですか」
「うん、一時間くらいは経ったよ。そろそろ竜介くんも着くって」
「えっ? もう?」
 慌てて身を起こし、辺りを確認する……ここは控室か。そうだ、ついさっき撮影が終わって、これから竜介との次の撮影があるんだっけ。
「顔洗ったら髪セットするね。もうちょっと頑張って、亜利馬くん」
「は、はい……」
 ユージさんに言われてソファを降りた俺は、そのまま控室内の簡易的な洗面所で冷たい水を顔に浴びせた。

「朝ごはん少なかったでしょ。何かお菓子食べる?」
「あ、頂きます。いいんですか?」
「うん。亜利馬くんが好きそうなの買っておいたから、ヘアメしてる間に適当に食べてね」
 俺が寝ている間も、こうして髪を弄られながらポップコーンを食べている間も、現場のスタジオでは監督や山野さんやスタッフの皆が大忙しで動き回っている。場合によってはベッドの角度も変えるし、テーブルや椅子の配置、撮影に関係ない小道具の位置も変える。
今日は竜介のスケジュールの都合もあったけど、スタジオだってレンタル料金が発生しているのだから、準備も撮影も早く終わらせるに越したことはないのだ。

「おお、亜利馬。待たせて悪いな」
「竜介さん。お疲れ様です!」
 控室に竜介が入ってきて、俺とユージさんは揃って背後のドアに顔を向け、頭を下げた。
「竜介くんおはよう」
「おはよう雄二。今日も爽やかだな!」
 俺のヘアメイクが丁度終わって、場所を竜介と交代する。竜介の髪が若干濡れているのは、前の現場でシャワーを浴びてきたからだ。
 仕事量は俺より多いのに、与えられた時間は平等。竜介は移動車の中で軽食をとって仮眠して、またここで体力を使いまくって、夜頃にようやく帰宅する。竜介だけじゃなく皆、そんな日が定期的にやってきて体を壊さないのだろうか。

「よし。頑張るぞ!」
 竜介が少しでも早く帰れるように、俺も気合を入れないと。
「やる気満々だね、亜利馬くん」
「あとはやる気に体力が付いてきてくれれば、良いんですけどね」

 今回はドラマ仕立ての撮影だから、撮るシーンが凄く多い。俺が部屋に一人でいるところ、竜介がドアから入ってくるところ、それを出迎えて軽くイチャつくところ、俺がシャワーを浴びているところ、それを竜介が待っているところ……とにかく沢山だ。てきぱき動いて一つずつこなしていかないと。出来れば竜介のためにも、今日だけで撮影を終わらせたい。
 ……それに今回は、俺がずっとやりたかった「ドラマ」だ。「演技力なんて求められていないのだから、棒読みでもいい」と山野さんは言っていたけど。どうせなら絡み以外の演技だって上手くなりたい。
 台本をもらってからこっそり練習だってしたんだ。設定は「竜介というご主人様にべた惚れのチョイM男子」だから、無表情の棒読みで「おかえり。大好き」なんて言っても説得力がない。……俺の役が大雅ならまだ分かるけど。

「亜利馬くん、竜介くん、入ります!」
「お、お願いします!」
 サラリーマン風のスーツに着替えた竜介と、Tシャツにハーフパンツという部屋着スタイルの俺。家の中で竜介に「飼われている」俺は、いつでも部屋着という設定なのだ。
「頑張ろう、亜利馬」
「はいっ」

 俺がリビングで雑誌を読んでいるシーンから始まり、ピンポンが鳴って竜介が帰ってくる。それを「お帰り!」と抱き付いて出迎え、軽いキスをする。
「いい子にしてたか」
「うん。待ってた!」
 俺の顔が赤いのは役に没頭できているからではなく、初めて竜介とキスをして何か照れ臭かったからだ。