亜利馬、己との闘い

 それから数日後の午前十一時。スタジオの第四撮影フロアで、俺のDVD第二弾の撮影が行なわれようとしていた。ここはセットが組まれたフロアではなく、何もない、背景が真っ黒の部屋だ。必要なものを持ち込んでそれっぽく作り込めるようにはなっているが、今回インヘルでセットとして持ち込んだものは「開脚椅子」と「マットレス」だけ。

 次のDVDでは凌辱攻めがテーマになっているから、背景セットのこだわりよりも、こういう無機質な空間の方が良いらしい。今回ここで撮るのはプロローグ的なもので、竜介と絡むメインではない。
 黒い壁、黒い床、天井。その中に真っ赤な開脚椅子だけがぽつんと置かれているのは、何だか不気味だった。今からとんでもないことが起きるぞ──そんな予感を感じさせた。

「亜利馬、シャワー浴びて来い」
 山野さんに言われ、アシスタントさんが俺を同フロアの隅っこにあるシャワー室まで案内してくれた。良かった、シャワー室は黒くない。至って普通の、清潔感のあるものだ。
 日焼けサロンなどにも使用されている簡易シャワー室。狭い空間で立ったまま体を洗い、顔を洗い、髪を洗う。出てからバスタオルを貰って体を拭くと、効き過ぎたフロアの空調に身震いしてしまった。撮影中は音の問題で空調を切るから、今のうちにフロア内を冷やしているのだ。
「亜利馬くん、どうぞ」
「ありがとうございます」
 背中からガウンを着せてもらって、ふわふわの袖に頬ずりする。それからユージさんがドライヤーで髪を乾かしてくれて、ヘアアイロンと櫛を使いながら軽くセットしてくれた。
「ちょっと緊張してるねー、いつもお喋りなのに」
 ユージさんに見抜かれ、俺は力無く笑う。
「手を縛られるのは前もありましたけど、足もってなると、やっぱ怖いですよ」
「でも、考えようによってはラクじゃない? 縛られてるなら動かなくていいんだもん。寝てるだけで相手が色々してくれる、って考えてさ。マグロとは言わないけど」
「鮪?」
「相手に委ねればいいってこと」
 鏡越しに、ユージさんが俺に向かってウィンクする。爽やかお兄系のスタイリッシュハンサムウィンクだ。勇気づけられたというよりも、胸を撃ち抜かれた気分だった。
「頑張ってね」
「はいっ!」

 ガウンの前を押さえながら山野さんの元へ戻ると、改めて段取りの説明をされた。
「今回はカメラ目線オッケーだ。顔面に寄られたらしっかりカメラを見て、視聴者に訴えるんだぞ」
「が、頑張ります」
「凌辱ではあるが、感じるところは素直に感じろ。声も我慢しなくていい」
「……はい!」
 頷いて胸に手をあて、少しでも心音を落ち着かせようと呼吸を整える。

「よ、よろしくお願いします」
「よろしく!」「頑張ろうね」
 その後は相手役をしてくれるモデルの三人と挨拶をして、一緒にスタートを待つことにした。今日も三対一だ。彼らはゴーグル無しのタチ役専門モデルで、見た目は今風のカッコいいお兄さん達だった。──それだけに、やっぱりちょっと緊張する。
「スタンバイお願いしまーす!」
 その声を聞いて撮影フロアへ行き、俺と三人はそれぞれの準備を始めた。ガウンの下は黒い競泳パンツ一枚だ。肌に食い込むくらいピチピチで、まだ何もしていないのにアレの形がくっきり分かる。
 開脚椅子の座り心地は良かった。背もたれの角度が丁度よくて、のんびり体を預けることができる。尻の部分は深く包み込むような造りだから体をよじっても落ちることはないし、太腿から膝の裏までを柔らかい素材が支えてくれて、拘束バンドで固定されても痛くない。
「両腕、お願いします」
 頭の上で手首を束ねられ、そこも椅子に付いたバンドで固定される。これでもう逃げられないし、何の抵抗もできない状態だ。いま大怪獣が現れたら、真っ先に食われるのは俺だろうなと想像する。
 三人のモデル達もガウンを脱いで、逞しい体をさらけ出していた。俺と同じような競泳パンツを穿いているが、そっちの方が何だかデザイン的にお洒落で羨ましかった。
 最後にアイマスクで目隠しをされ、視界を奪われる。

「お願いしまーす」
「カメラ回りました!」
 二階堂さんが「スタート」の声を発したのと同時に、ENGカメラが俺の顔をアップで映し出した。どこにカメラがあるか見えないけれど予め言われていた方向へ顔を向け、俺は唇を震わせる。
「……気持ちイイこと、して?」
 俺の一言がプレイ開始の合図。モデル三人の手が俺の体を這い出したのと同時に、ゆっくりとカメラが引いて全体を映し始めた……はずだ。