#9 マカロのたいへんないちにち -7-

「やあぁっ……!」
「うーん……体育着姿のピチピチ男子、最高だよ」
「じゃ、じゃあもう合格にしてくれってばぁ!」
 先生の舌がぬるぬると俺の肌の上を這っている。時折また乳首を吸われてべろべろ転がされて、段々俺の体も熱くなってきて……股間が、パンツを押し上げてしまう。
「勃ってきたかな?」
「う、うん……もう無理、だめ、せんせっ、……苦しい……!」
 人間の男にここまで翻弄されてしまうなんて悔しい。悔しいのに体が言うことを聞かなくて……こんな奴一発で吹っ飛ばせるはずなのに、どうしても力が入らない。

「分かった。それじゃあ、下も脱がすよ」
「だ、だめっ……脱がしちゃ、だめっ……!」
 叫んだと同時に、先生が俺の短パンの中へ手を突っ込んできた。そのままずるりと下ろされ、呆気なく俺のそれが先生の前に露出してしまう。
「うわ、……」
 大きく開いた脚の間で、そこだけぐんと上を向いた俺のそれが……先生にガン見されている。しかも近い。めちゃくちゃ至近距離で穴があくほど見つめられている。
「はあぁ、マカロ君。可愛いね、凄く美味そうだ。マカロ君はまだ童貞だね?」
「あ、う……」
 俺の名前を呼んでいるのに、先生は俺のそこに話しかけているみたいだ。だから何も言えなくて、恥ずかしくて堪らなくて、俺は目をぎゅっとつぶってそこを見ないようにするしかなかった。

「──ひっ、やぁっ!」
 先生の熱い唇が上からずぶりと被せられる。腰がビクビク痙攣して、閉じたはずの瞼に涙が溢れてくる。──何でこんなに気持ちいいんだろう。ただ口の中で舐めたり吸われたりしてるだけなのに。
「ふあぁ、先生っ……! だめ、だめ……そんな激しいの、だめだって……!」
「……マカロ君はここもピンク色なんだね。やらしい味がするよ」
「あ、あぁ……そこ、やだっ……」
「そこ、って?」
「ちんこの先っぽ、やだぁっ……」
「何で嫌なのかな」

 先生の意地悪な舌が俺の先端をくすぐるように舐め回している。その度にエッチな音がして、先生の言うやらしい汁が垂れてきてしまう。
「そ、そこばっかされると、っ……出ちゃ、う……!」
「──いいよ、出しても」
「種じゃないの、出ちゃうっ……!」
「いいよ」
 先生が俺の腰の後ろに手を回して、動けないようがっしりと固定した。相変わらず先端を弄ばれて太股の内側が痙攣し、段々とペニスの内側にうずうずする気持ち良いのが集まってくるのを感じた。
「あっ、あ……出る、恥ずかしいの、出る……」
 それが何かを分かっているかのように、先生が俺のそこを一気に頬張る。俺は短パンを引っかけたままの右脚を先生の肩に乗せ、更に膝を曲げてもっと奥まで咥え込むよう強制した。
「ふああぁっ……」

 出そうと思って出した訳じゃなくて、気持ち良すぎて出ちゃっただけだ。
 俺は先生の口の中で思い切りそれをぶちまけながら、うっとりと天井を仰いでキラキラ光っている蛍光灯を見つめた。
「……マカロ君、射精より先に潮噴くなんてエッチ過ぎるよ。まるで女の子みたいじゃないか」
「ご、ごめんなさい……だって、先生が……」
「でもいいんじゃないかな? そういうコンテストな訳だし」
「……そう、かなぁ」
 それじゃあ、と先生が自分のベルトを外した。
「最後のテストをするよ? 脚を開いたままで力を抜いてね」