#8 男子高校生の夏休み

 体育祭の後で制服も夏服になり、梅雨も明けていよいよ夏休みが目前に迫っていた。
 学ランを脱ぎ身軽になった俺の頭上には、七月の爽やかな青空が広がっている。先月から「正式に」付き合うこととなった天和との関係も良好で、今年は天和にとって高校最後の夏ということもあり……何か特別な思い出を残せたらと今から二人で考えている。

 七月三日、金曜日。
「泊まりでどこか行けたら楽しそうだけど、海と山と迷うなぁ。天和はどっちがいいとかあるか?」
「どっちでもいいぜ。両方好きだし」
 まだまだ日の高い午後四時、俺達は学校近くのファストフード店、ファニーズバーガーで軽食を取りながら夏休みの予定を話し合っていた。
「天和って受験しないんだっけ? 夏休み遊んでて大丈夫か?」
「ああ、卒業後は一旦兄貴の所で働く予定だからな」
「お兄さん、南米にいるんだっけ」
「今はメキシコだったかな」
 卒業後に短期間とはいえ日本から離れてしまう天和。帰りを待つのは親で慣れているけれど、今からしばしの別れが決まっているというのは少し寂しい。まだ付き合って一か月。二人で迎える初めての夏休みだし、それならやっぱり、この夏で良い思い出を作りたい。

「……海にしようか、せっかくの夏だし」
「よっしゃ」
「マカも連れてってやるからな。こっちの海、見たことないだろ」
 そう言って視線を落とした先には、ジュースのカップを背もたれにして一本のフライドポテトを両手で抱えたマカロがいた。ポテトの先端に一所懸命がっついているマカロは、おにぎりに続いてこの味が相当気に入ったらしい。
「海! 行ってみたい!」
「じゃあ、あのエセ保健教諭も誘えよ」
 天和が言うと、ポテトを喉に詰まらせたらしいマカロが「んぐっ」と胸を叩いた。
「なっ、何でサバラもっ?」
「運転手とスポンサーと、お前のお守り役だ」
「えー。だってサバラ来たら、絶対に炎樽と天和のこと邪魔するぞ。そのくせに夜はベッドの横で張り込むぞ」
「種取らしてやるよ、いくらでもな」
「ほ、本当かっ?」
 そんな約束して大丈夫かなぁ、と俺はテーブルに頬杖をつき、コーラのストローを咥えた。

 夢魔であってもどこか浮足立ってしまう、夏。
「へえ、海に旅行か。いいね」
「サバラってこっちで免許持ってるの?」
「だいたい飛んでくから車は要らないと思ってたけど、人間の大人の男として振る舞う時にはあった方が便利だと思ってさ。一応、運転免許は取得してるよ」
 自慢げに言うサバラだが、それが却って天和に「利用」される要素になるとは思っていない。
 場所をファストフードから俺の家に移して四人で集まり、夏の計画を立てているのだが。
「どうせなら可愛い男の子がいっぱいいる所がいいだろう。目の保養にもなるし、あわよくば的なものもあるし」
「サバラってそれしか考えてねえもんな!」
「誰かさんが、俺に抱かれるの拒否するからなぁ……」
「う、うるさい!」

 言い合うマカロとサバラの間に何があったかは知らないが、どうやら「それなり」のことは起きていたらしく、お互いを見る目付きが以前と比べて少し柔らかくなっているのに俺は気付いていた。夢魔も恋する夏、ってことだろうか?
「とにかく夏休みが始まったらすぐに発とう! 八月の頭には母さん達も帰ってくるって連絡来たし、それまでたくさん遊んで夏を満喫するぞ!」