亜利馬、デビューに感動 -3-

 そうして今日初めての仕事として、五人全員での写真撮影が始まった。
「中央に獅琉、その隣に潤歩と亜利馬、亜利馬の横に大雅、潤歩の横に竜介」
 淡々と説明されたが、俺が獅琉と大雅の間という完全なる引き立て役ポジションに怖気づいてしまう。端っこにちょこんと居させてくれればいいのに、チビだから前に出ろと山野さんは言うのだ。
「はい、全員キメ顔!」
 俺のジャケット撮影をした木下さんが今日も担当してくれて、少しだけ安心したけれど。
「亜利馬くん、ちょっと顔堅いかな。リラックスして」
「はいっ」
 ちなみに衣装は全員同じ白のスーツ。中のシャツの色だけがバラバラで、獅琉は赤、俺は青。皆でお揃いの服を着ているだけで本物のアイドルみたいだ。高揚感で頭の中がふわふわしてきたが、俺は気を引き締めて口をぎゅっと結んだ。

 五人で撮った後は一人ずつの撮影になり、俺は他の四人が順々に撮られるのを見学しながら「やっぱ皆イケメンだよなぁ」と心の中で溜息をついた。
 獅琉が妖艶な微笑を浮かべる。潤歩が顎をしゃくってカメラを睨むように見下ろす。大雅は長い睫毛を伏せて儚げな表情を作り、竜介は爽やかながらも挑戦的な笑みでこちらを誘う。
 四人とも、シャッターが切られる度に自然とポーズや表情を変えている。指示なんて何も出されていないのに、自分で何パターンもポーズを考えているのだろうか。
 ──こんなの俺、できない。

 決して恥ずかしいことじゃないのに恥ずかしい。四人がやれば絵になるけど、俺がやっても滑稽でしかない。四人と俺とでは超有名劇団の舞台とお遊戯会くらいのレベル差があるのに、同じことをやれと言うなら残酷すぎる。
「亜利馬、次」
「や、山野さんっ!」
 小走りで山野さんの元へ駆けて行き、胸の不安を早口で伝える。
「お、お、俺無理です。ポーズとかいちいち指示してもらわないと、全部棒立ちかピースだけになります」
「……そんなことは分かっている。お前の分はちゃんと考えてきた」
「え? 本当ですか……」
「その代わり、次までにはちゃんと慣れろよ。甘やかすのは初回だけだ」
 山野さんの銀縁眼鏡がギラリと光り、思わず息を呑む。
「……は、はい! 了解ですっ」

「……はぁ」
 ドタバタの撮影が終わって休憩時間となり、俺はコンビニで買ってきた弁当を食べながら溜息をついた。
「大丈夫だって。写真もビデオと同じでやればやるほど慣れてくんだから」
「ああ、それに初めてにしては良かったぞ。堂々としていた」
 獅琉と竜介は慰めてくれたが、潤歩はさっきから思い出し笑いをして腹を抱えている。俺が取らされた厨二病っぽいポーズのぎこちなさを真似したりと、馬鹿にされ放題だ。
「竜介。……ハンバーグ弁当の、ハンバーグだけちょうだい」
「メインを持ってくか。まあいいぞ、好きなだけ食え」
「……ありがと」
 大雅だけがマイペースで、もくもくと弁当を食べている。

「でもよ、ブレイズに亜利馬が選ばれたのって、何の理由があんだろな」
 潤歩が二個目のダブルチーズトマトハンバーガーに齧り付きながら言った。
「完全にド素人だし、撮影にも時間かかるしよ」
「……すいません」
「別に出てけって言ってるわけじゃねえけどォ。グループ売りすんならメーカー側だって売上げが欲しいんだし、だったら俺らと同等の奴らをブッ込んだ方が安牌なんじゃねえの」
 潤歩の言うことは尤もだ。俺自身、「引き立て役」とか「バラエティ要員」としか思えないのだから。──せめてもうちょっと身長があれば、少しは他の四人に近付けるのに。

「色んなタイプのモデルを入れたいんだと思うよ。亜利馬がいることで何となくフレッシュさも出るし、俺達も初心を思い出せるし、一緒に成長できるしさ。皆で頑張れるじゃん」
 獅琉のフォローに対して、潤歩が「道徳用の教育テレビじゃねんだから」と笑った。
「だから亜利馬も深く考えないで、俺達と一緒に頑張ろうよ。誰だって初めは初心者なんだから、これから、これから!」
 獅琉も、竜介も笑っている。大雅は無表情で弁当を食べながら小さく頷いていた。
「まあ、ガキの世話も金がもらえるならいっか」
 俺の弁当から唐揚げを摘まんで、潤歩も笑った。