亜利馬、デビューに感動

 それから目まぐるしく日は流れ、俺も多少は慣れたのか、ちょっとやそっとのことで鼻血を噴かないようにはなった。毎日風呂上りの獅琉が全裸で登場するという特訓をしてくれているお陰だ。
 ブレイズのメンバーとも打ち解けてきたし、デビュー後第二弾の打ち合わせや撮影を通してスタッフさんの顔と名前もだいぶ覚えることができた。

 四月三十日。
「はあぁぁ……」
 俺は感動による鼻水をすすりながら、記念すべきデビュー作のDVDを山野さんから受け取った。
「おめでとう、亜利馬」
「あ、ありがとうございます……」

『亜利馬・最速コウソクデビュー』。ジャケットは、真顔でベッドに縛られている俺のアップ。シャツが捲れて片方の乳首が露出し、下半身もギリギリまでパンツが下がっている。
『亜利馬十八歳。初めてなのに縛られて……まさかのロストバックバージン! 先輩モデルとの激しいSEXに失神寸前!』。
 裏ジャケットには獅琉や潤歩との絡みカット、ゴーグル三人組に触られているカット、それから潤歩との疑似デートで笑っているカットなどがたくさん載っていた。
「お、俺の初めてのDVD……」
 感極まって泣きそうになったけど、グッと堪えて山野さんに頭を下げた。
「ありがとうございますっ!」
「頑張ったのはお前だ。今後も期待してるぞ」
「はいっ!」
 このDVDがいよいよ明日発売されて、多くの人の目に触れることとなる。個人的に即売会を開いて、買ってくれる人全員と握手をしたいくらいだ。
 だけど本当に買ってもらえるだろうか。少しは売れるのだろうか。俺の満身創痍のDVDで、ドキドキしてくれる人はいるんだろうか。
 考えるほど緊張してくる。初めての撮影の時よりずっと、心臓がバクバク鳴っている。

 外は春風が吹く午後三時。ビルからマンションに戻った俺は、獅琉と潤歩に挟まれソファに座り、大きなテレビに映し出されるそれを息を呑んで見つめていた。
「あはは。亜利馬、緊張してるね」
「コイツこの後めちゃくちゃチンコが赤くなってたよな」
「い、言わないで下さいよっ!」
 俺のインタビューから始まって初めてのオナニー撮影、それから次はゴーグル三人組との絡み4P。口枷をされた俺がガチガチに緊張して見えるのは、どこを触られても笑わないように気を引き締めているからだ。
「うわ、すぐイッた。情けねえ奴」
「だ、だってこんなの仕方ないじゃないですか」
「でも亜利馬、肌質も体系も良くて凄く画面に映えるね。……ほら、ああやって腕を伸ばした時の脇の下から脇腹までのラインとかも綺麗だし」
 そんな細かいところまで見られて恥ずかしいけれど、俺にとっては貴重な感想だ。見ているのはAVだけどなぜかエロい感じがしないのは、俺も「こっち側」の目線で見れているからだろうか。
「潤歩とはラブラブだね。デート楽しそう」
「はっ、ふざけんな。ガキの面倒なんて二度と見ねえぞ」
 賑やかな通りを潤歩と歩いた疑似デートでは、アップテンポの軽快なBGM付きだった。風船を持って潤歩と自撮りしているところや、わたあめを舐めて笑っているところ、尻を叩かれたところに、前方を指さす俺の目線に潤歩が顔を合わせているところ……。凄まじい編集力で、本当にカップルがデートしているみたいだ。

『一番特別な奴とは、こういう何もない公園で座ってるだけの方が楽しい』
『えっ……』
 声は入らないって言ってたのに……。
 絡みシーンよりも潤歩とのキスシーンを見る方がずっと恥ずかしい。
「この後のエッチが予定通りに済んでたら完璧だったのにね」
「………」
「……すみません」
 横目で見た潤歩の顔も赤かった。