#1 DKとインキュバス -11-

「………」
 異変はパンを買った後に起きた。
 自分のクラスへ戻るために歩いてきた廊下を戻っている最中、俺の股間にむずむずとしたものが走り出したのだ。
「ん、……何か、……」
「炎樽、大丈夫か?」
「な、何かステッカーのとこ、変な感じ、……する」
 頭の上で髪に隠れながら、マカロが「うーん」と唸る。
「ちょっと数が多すぎた。まさかここまで強いとは」
「は? な、なに? 何の話だよ?」
「奴らの性欲に負けて、ステッカーが剥がれるかも」
「はあぁぁっ?」
 思わず大声が出てしまい、余計な注目が俺に集まる。

 急いで廊下を走って校舎を抜け、中庭を通って二年の教室へ向かう──が。
「ほーたる」
「ぎゃっ! なに、な、……き、鬼堂天和っ……」
 よりによって一番の危険人物に捕まってしまった。馬鹿力にがっしりと腕を掴まれて、力を込めても振りほどくことができない。

「昨日はよくも頭突きしてくれたよなぁ。今日こそは可愛がってやるぜ、覚悟しろ」
「そ、そんなっ……。マ、マカ! こいつステッカーが効いてないっ……?」
「性欲は強そうだけど、何か他の奴らとは違う匂いがするなぁこいつ……。ステッカーの効果がこいつには発動してないとしたら、炎樽に執着するのは性欲だけが理由じゃないのかも」
「悠長に分析してんじゃねえっ!」
 俺の腕を引きながら、天和がローテンションの低音ボイスで言った。
「ブツブツ文句垂れてねえで、大人しく俺のモンになれ。比良坂炎樽」
「あっ、……!」
 その声が耳から体に浸透し、下半身で小さな爆発を起こした気がした。ステッカーが下着の中でピリリと剥がれる感覚がある。

 咄嗟に片手で股間を押さえた俺を見て、天和の顔が訝しげに歪んだ。
「あ、や……やだ……」
 息が弾み、頬が熱くなる。ステッカーが剥がれかけているのは、下着の中で俺のそれが芯を持ち始めたからだ。
「は、放せ……。放し、て……」
「………」
「頼むから放し、……って、うわっ?」
 突然天和が俺を担ぎ上げ、猛然と校舎とは反対方向へ走り出した。正門を出て道路を挟んだ向こう側──あるのは体育館とスポーツ部の部室、第二体育室に、……体育倉庫。

「お、降ろせっ! 降ろせよ!」
「うわ、揺れるぅ、目が回る……!」
 頭の上ではマカロも大慌てだ。落っこちないよう俺の髪を引っ張るものだから、痛いのと怖いのとでもう訳が分からない。

 昨日天和に頭突きを食らわせたあの体育倉庫。今日も体育館ではバスケやバレーを楽しむ生徒達がいるのに、誰も俺を担いだ天和が倉庫へ入って行ったのに気付いていない。
 マットや跳び箱などが収納されている倉庫と、遊びに使うボール類をしまう体育用具入れが別だからだ。こんなに生徒がいても、誰も倉庫になんか興味はない。