竜介、大忙し -3-

 竜介の疑問に潤歩が答える。
「ただの思い付き。お前の家で宅飲みしようぜって話になってよ。もう少ししたら獅琉と大雅も来る」
「別に構わねえが、それならそうと事前に言ってくれよ。そうしたら酒も食いモンも準備できたのに」
「竜介は昨日、撮影だったんだろ」
「ああ、潤歩と亜利馬は今日だったな。大雅もか。『ブレイズ』第一弾の撮影もこれで終わりだ」
「五人のジャケット撮影だの何だのって、まだ残ってるってよ」
「ああ、そうか。──だけど未だに信じられねえな、俺が『ブレイズ』に選ばれた理由が分からん」
「一人くらいタチ専がいた方が都合良いんじゃねえの」
「そうか。俺が潤歩坊やのバックを取る日も近いということか」
「させねえっつうの! ていうかマジでその呼び方やめろ」
「はっはっは、すまない。つい、な」
 二人が話すのを流し聞きしながら、俺はシロのお腹を撫で続けた。ふわふわのさらさらだ。シロが動くたびに首輪の鈴が可愛い音をたてて鳴っている。何だか笑っているみたいだった。

「竜介、来たよ!」
「……眠い」
 それから三十分ほどして獅琉と大雅も合流し、俺達は五人いても全く窮屈さを感じないリビングで飲んだり食べたりしながら盛り上がった。当然、俺と大雅はジュースだったけれど。
「こんな時間に家を出てくるなんて珍しいな、大雅」
「……獅琉に叩き起こされた」
 目蓋を半分閉じかけて、竜介に寄りかかりあくびをしている大雅。
「シロー、お前は良い子だね。猫なのに警戒心が全くない。うりゃ、うりゃ」
「ずるいです獅琉さん、独り占めしないでくださいっ」
 床に寝転がってシロとじゃれる俺と獅琉。
「あー、明日撮影じゃなくてマジで良かった。てわけで、飲みまくるぞ竜介」
 既に呂律が回っていないのに、まだまだ元気一杯の潤歩。
「やっぱ、賑やかなのは良いなぁ」
 ウイスキーのグラスに口を付けながら、そんな俺達を満足げに眺めている竜介。

 ブレイズメンバーの宴は夜更けから朝方まで続き、俺が目を覚ました時、四人全員が床で雑魚寝していた。ソファの上ではシロが丸まっている。ラッキーなことに、その隣でシロに寄り添うクロの姿を見ることもできた。
「トイレ……」
 リビングを出て廊下の左側にあるドアを開け、用を足す。トイレの中も綺麗で爽やかな香りがした。汚していないか念入りにチェックしてから手を洗って出ると、いつの間に起きたのか竜介が玄関でスニーカーを履いていた。
「どっか行くんですか?」
「おお、おはよう亜利馬。朝は軽くジョギングをするのが日課なんだ」
 さっきまであれだけ飲んでいたのに、これから走るとは。
「俺も行っていいですか?」
「ああ、もちろん」

 二人で家を出て、近場の公園までゆっくりしたペースで走る。早朝の六本木は穏やかな日差しに照らされていた。車は多いけど空気は気持ちいい。隣を走る竜介の横顔が朝日を受けてキラキラと輝いて見えた。
 辿り着いた大きな公園では、俺達のようにジョギングをしている人達も多い。犬を連れている人もいたし、ベンチでただ座っているだけの人もいた。
 竜介が自販機で俺にジュースを買ってくれた。せっかく走ったのに既にカロリーを摂取しているという状況が可笑しくて、つい笑ってしまう。走ってジュースを買いにきただけだ。

「いつもはこれで帰ってからシャワーを浴びて、仕事に行く。午後出勤の日くらい朝はゆっくりしようと思うんだが、この習慣が体に染みついててな」
「いいじゃないですか。俺なんて全然、運動音痴だし……体動かすこともあんまりないから、すぐ筋肉痛になるんですよ」
 芝生広場のベンチに座って話しながら、俺はふと気付いて竜介に訊ねた。
「午後出勤てことは、今日も撮影があるんですか?」
「ああ、『監禁凌辱』の単体撮影が一本入ってる」
「………」
 こんなに爽やかな時間を過ごした後に、まさかの監禁凌辱が控えていたとは。