大雅、ちょっとだけ新人に心を開く -7-

「ほ、ほんとに……そんなことしても、……」
 俺の問いかけには大雅が答えた。
「いいよ別に。……ていうか、挿れられんの亜利馬の方なんだから、俺に気遣わないでよ……」
「……う、うん」
 竜介に下ろされたジーンズと下着を完全に脱ぎ、ぼんやりしながら膝をついて大雅の上に跨る。上を向いた大雅自身のそこには竜介がスキンをつけた。それから竜介がどこにあったのかローションの小さなボトルの蓋を歯で開け、手のひらに出してスキンの上から大雅のそれに塗りたくる。
「そのまま腰を落とせ」
「……ん」
 俺のそこへちゃんとあてがわれるよう、竜介が根元を握って位置を調整した。
「あっ!」
「──んっ!」
 俺と大雅は二人同時に声を発し、竜介の見ている目の前で繋がった。
「うーん、二人とも綺麗だぞ。見ているだけでも余裕で抜けそうだ」
「あ、りま……動いて」
 大雅の胸に手をつき前かがみになると、腰を上げた時にそのままそれが抜けてしまう。もう一度竜介の手を借りて中へ挿れてから、俺は少しだけ上体を仰け反らせて後方に両手をついた。
「あっ、──あっ、大雅っ、……」
 大雅の上、大きく脚を開いた格好で何度も腰を上下させる。その度に勃起した俺のそれが一緒に揺れて恥ずかしかったけど、それよりも中を擦られる感覚が刺激的すぎて……腰が、止まらない。

「どうだ、大雅。新人の腰使いは」
「……まあまあ。……んっ、気持ち、いい……」
「お前も揺すってやれ」
「ふ、ぁ……いくよ、亜利馬」
 大雅がとろけるような目で俺を見上げ、腰を浮かせて俺のそこを突き上げた。
「あ──あっ、あんっ……、大雅っ、……お、奥に……!」
「ん、ぁ……亜利馬の中、狭っ……」
「妬けるな。俺も混ぜろ」
 竜介が大雅に顔を寄せ、吐息の洩れるその唇を激しく塞いだ。
「ん、んぁ……りゅう、すけ……はぁっ、……」
 濃厚に絡み合う舌。竜介を見つめる熱っぽい大雅の目。そうしながらも俺の中を貫く大雅の腰と、寝室に響く三人の息使い。とんでもなく官能的で、それからどことなく背徳的で、何だか頭の中に靄がかかって夢の中にいるような気分に陥る。
「イきそうか、大雅?」
「ん、うんっ、あぁっ、……もう、ちょっと……」
「亜利馬はどうだ」
「あっ、あ──、お、俺もっ……」
 大雅とキスをしながら不敵に笑って、竜介が揺れる俺のそれを握った。
「あっ……!」
「こういう時は二人同時に、だろ」
 中を突かれながら前を擦られる感覚は堪らない快感だった。まだ後ろだけじゃ気持ち良さが分からない俺だけど、そこに刺激を与えられるだけで凄まじい高揚感が沸き上がってくる。

「あぁ、あ──い、イきそ、っ……大雅……!」
「……ん、ぅ、俺も……」
 竜介と舌を絡めながら、大雅が俺に向かって手を伸ばした。その手を取り、指と指とをしっかり繋ぐ。
「あ、あ……イく、大雅、イッちゃ、──あぁっ!」
「ふ、あぁ……」
 俺の先端から体液が飛んだのと、大雅が体を震わせたのと、殆ど同時だったと思う。大雅の白い胸に飛んだ俺の体液は、午前中に出した割には濃い方だ。
「ん、は……」
 ゆっくりと腰を持ち上げて中から大雅のそれを抜き、そのまま体から力が抜けて行くのに任せてベッドの上へと身を倒す。大雅と並んで寝転がり息を整えていると、竜介が大雅のそこからスキンを外して俺達の頭を撫でてくれた。
「いいものを見せてもらったぞ! ありがとうな、お前達」
「………」
 大雅は何も言い返せない様子で、荒い呼吸を繰り返しながらただ竜介を睨んでいる。

 ──な、何でこんなことになったんだっけ。