大雅、ちょっとだけ新人に心を開く -6-

 大雅が俺の着ていたシャツを捲り、「亜利馬、ここも感じるの」と指で乳首を押した。
「んぁっ、……わ、割と……」
「俺も好き」
 大雅が自分のシャツを捲り、露出した乳首を俺に見せる。その姿が妙に艶めかしくて、俺は……両手で大雅の体を抱きしめて引き寄せ、その薄ピンク色の乳首を口に含んだ。
「あっ……!」
「ん、……ん……」
 こんなことするの初めてだ。
 俺は夢中で大雅の乳首を舌で転がし、音をたてて啄み、遠慮なく力を込めて吸った。
「あっ、……亜利馬、がっつきすぎ」
 口の中で尖り始める大雅の乳首に、更に気持ちが高ぶってしまう。味なんてしないのに何故だかとろけるような甘さを感じて、もっともっと欲しくて更に吸い付いてしまう。まるで赤ん坊だ。

「少年」
 椅子に座って脚を組みながら、竜介が俺に言った。……すっかりその存在を忘れていた。
「空いている方の乳首も指で可愛がってやると、大雅が喜ぶぞ」
「は、はいっ……」
「やっ、──やだ、竜介、入ってくるなって、……」
「助言しただけさ。俺はお前達に指一本触れてない」
 下からだとやりづらくて、俺は大雅の体を抱きしめたまま体を回転させた。自然とそんなふうに体が動き、やっぱり俺も男なんだなと思う。
 上になって大雅を見下ろしながら、俺はゴクリと唾を飲み込んだ。
「はぁ、……は、……亜利馬の馬鹿……」
 胸元までシャツは上がっているし、下着からは屹立したそれが飛び出している。そんな恰好で息を荒くさせながら見つめられると、もう、理性が吹っ飛んでしまうじゃないか。

「た、大雅……何か分かんないけど、すごいエロい……」
「……言っとくけど、亜利馬にバックは掘らせないからね」
「あっはっは、プライベートでは俺にしか許してないもんな、大雅」
「竜介は黙ってて」
 鼻の奥に生ぬるい感触がある。
 思った瞬間、大雅の白い頬に真っ赤な俺の血が一滴。ぽた、と落ちた。
「あ、ご、ごめん大雅。ティッシュ、……」
「……最悪」
 指先で頬の鼻血を拭った大雅が、そのまま自分の指を舐める。
「っ、……た、大雅っ!」
 俺は思い切り鼻をすすってから、その体にむしゃぶりついた。
「ちょっ、と……亜利馬っ……鼻、拭いてよ」
「大丈夫。少ししか出なかったから、もう止まった」
「何なんだ、もう……あっ、あ──!」
 竜介の助言通りに舌と指を使って大雅の乳首を両方愛撫し、更にもう一つ空いた手で股間のそれを揉みしだく。俺と同い年の大雅が出す声も躊躇わず喘いでいるのを見ると、俺自身の露出したそれもぐんぐん熱くなってゆくのを感じた。

「は、あ……あぁ、……」
 手の中に握ったそれは、分かっていたけど俺より大きい。俺は少しの間逡巡してから身を起こし、体を後方にずらして大雅の股間に顔を落とした。
「──やっ、亜利馬、馬鹿っ……!」
 誰に教わったわけでもないのに、自然と体が動いてしまう。当然、自分から進んで男のモノを咥えるなんて初めてのことだった。

「ああっ、あ……! もっとゆっくり、亜利馬っ、……」
 ふと、俺の顎に大きな手が添えられた。──竜介だ。
「その小さい口で思い切り吸ったら痛いだろう。少しずつ舌で上から舐めて、焦らすように、ゆっくり……」
 竜介の低くてエロい声に誘導されながら、俺は口から抜いた大雅のそれをゆっくりと舌で愛撫した。
「それから舌で、根元から先端を舐め上げる感じだ」
「こ、こうですか」
 屹立した根元に舌先を触れさせ、細い一本線を引くように先端までを舐めてみる。
「少し違う。──こうだ」
 竜介がベッドの脇に膝をついて身を乗り出し、横から大雅のそれに唇を近付けた。
 伸ばした舌先ではなく舌の付け根から全体を使って、ゆっくりと味わうように、時間をかけて舐め上げる。
「ふあ、ぁっ……りゅう、すけ……!」
「やってみろ」
 俺も竜介と同じように舌全体をべったりと大雅のそれに押し付けながら、ゆるゆるとした動きで根元から先端を愛撫した。
「視覚的にもエロいから画面映えする。特に大雅はこれが好きでな」
「やっ、……ちょっと、いい加減にっ……あぁっ!」
 竜介と二人で大雅のそれを何度も舐めていると、突然竜介が片手で俺のジーンズをずりおろした。ベッドの上で四つん這いになっていた俺の尻が露出し、そのまま軽く叩かれる。
「そろそろだな。上に乗ってやれ、少年」