大雅、ちょっとだけ新人に心を開く -3-

「竜介さんは、何歳くらいの時にデビューしたんですか?」
「俺は十九だったな。高校一年ダブッたから」
「じゃあ、もう四年も続けてるのか。今も大人気だって聞くし、凄いなぁ……」
「獅琉の方が凄いさ。デビュー後すぐに追い抜かれちまった」
「獅琉さんはまた、違うタイプですもんね」
「はっはっは、確かにな!」
 三人で床に座ってテーブルを囲み、それぞれのホットケーキを食べながらも──さっきから会話しているのは俺と竜介だけだ。大雅は黙ったままもくもくと食べていて、こちらに視線も向けない。
「大雅は、竜介さんと付き合い長いの?」
「………」
 フォークが止まった。
「………」
「大雅のデビュー作の後にすぐ出た二作品目で、初めて俺が相手役になったんだ。学ラン男子高生と、その家庭教師って設定でな」
「へえ。山野さんが言ってましたけど、大雅ははじめ、全然声も出さないし俺以上にNG多かったみたいですね」
 笑い話として言うと、竜介がフォークを咥えたまま「そうなのか?」と横の大雅を見た。
「意外だな。俺との時はあんなに──」
「亜利馬」
 大雅の握ったフォークの尖端が、真正面から俺の目の前に向けられる。
「余計なこと言ったら殺すよ」
「えぇっ……!」
 それはまさに本気マジな目付きだった。一瞬、本当に目を潰されるかと思った。

「うーん、美味い。亜利馬少年、焼き立てをもう一皿もらってもいいか」
「は、はい。勿論です。ちょっと待っててくださいね」
 立ち上がってキッチンへ行き、新しい生地をフライパンに落とす。テレビの音に混じって、背後で微かに竜介と大雅の話し声が聞こえた。
「どうした、何を怒ってるんだ?」
「別に、怒ってない」
「そうか? いつもより口数が少ないじゃないか」
「……うるさいよ、竜介」
「そう感じたなら、お前が塞いでくれ」
「……馬鹿」
 ──明らかにイチャついている。振り返っていいものかどうか、物凄く迷う。
 どうやらこの二人の間には他のメンバーとは違う、何等かの特別なものがありそうだ。少なくとも大雅は竜介に惚れている。空気の読めない俺でも、それくらいは分かる。
 だけど何故、大雅は俺をここに残したんだろう。俺に作らせた後はさっさと帰らせていれば、竜介と二人きりでホットケーキを食べられたのに……

「少年」
 竜介に呼ばれて振り返ると、彼に肩を組まれた大雅が赤面顔でそっぽを向いていた。
「大雅が、君に何か言いたいことがあるそうだ」
「え? な、なに?」
「………」
 口の中で何かを呟く大雅が、ちらりと俺を見て、また視線を逸らす。
「どうしたの、大雅?」
「……だから、ありがと、って」
「え?」
「……お礼、されたの初めてだったから」
 話がよく分からない。きょとんとしたまま立ち尽くす俺に向けて、大雅の代わりに竜介が説明した。
「洗浄のやり方教えたって言ってただろう。こいつは、内容はどうあれ誰かに頼られたのが嬉しかったんだ。これまでずっと一人だったからな」
「……大雅……」
「一人じゃ礼を言う勇気が出ないから、わざわざ俺を呼んだんだろ?」
「……ん」
 ──何だ。やっぱり、いい奴なんじゃないか。