大雅、ちょっとだけ新人に心を開く

大雅(たいが)、18歳
身長:ふつう 体重:ふつう
誕生日:9月29日
血液型:A型
好きなもの:寝ること
苦手なもの:知らない人達の輪
「よろしくお願いします。」

 大雅の部屋は四階の401号室。実家の俺の部屋と同じで、ごちゃごちゃに散らかっていた。
「分かる分かる」
 ベッドの上だけが綺麗で、床には脱いだ服、読み終わった雑誌、食べ終わったお菓子の箱──まさに俺の部屋と同じだ。

 途中コンビニで買ってきたホットケーキミックスの粉と、卵と牛乳、バターにシロップ。冷蔵庫の中は空っぽだというから、ついでにジュースやアイスも買ってきた。普段はコンビニで買えるものばかりを食べているのだという。ホットケーキといえど友人の手料理を食べるのは初めてだそうだ。
「電子レンジだけ使い込まれてて、キッチンと冷蔵庫は綺麗だね」
「……獅琉みたく、家庭的じゃない」
「いいと思うよ、今どきの若者って感じじゃん。俺も一人暮らししたら絶対大雅と同じになると思うし」
 同じ十八歳だけど、大雅の方が俺より背が高い。俺みたいな短足でなくスラッとしているし、万年寝不足だという物憂げな顔も俺より大人っぽく綺麗だ。世の中不公平だよなぁと思う。
「じゃあ、ホットケーキ作るから。大雅は寛いで待っててよ」
「上手に作ってよね。レストランみたいなやつ」
「保証はできないけど、頑張るよ」
 どうしてホットケーキなんだろう。好物だというなら、それこそレストランの美味しいホットケーキをご馳走したのに。

 ともあれリクエストを受けたのだ。俺は腕まくりをして手を洗い、スマホに表示させたレシピを確認しながら大雅に訪ねた。
「なあ、ボウルとかかき混ぜるやつとかって、どこにある?」
「キッチンの下の棚。……たぶん」
 調理器具は一度も使われていないらしく、全て綺麗なまま収納されていた。ひとまず大きなボウルにホットケーキの粉を入れ、卵と牛乳を入れて混ぜてゆく。ホイッパーでしゃかしゃか混ぜながら大雅を振り返ると、大雅は床に座り、テレビの前でスマホをいじっていた。
「今やってるそれ、DVD? 俺の好きな映画だ」
「……スマホをHDMIで繋いで、テレビで映してるだけ」
「へえ。じゃあ自分で撮った動画とかも、大きいテレビで見れるんだ。凄いなぁ」
「うん。そのためにテレビ買った」

 フライパンをIHの上に置いて、サラダ油──の代わりにバターを用意する。適当な油分であれば大丈夫だろう。あとは焼いてひっくり返すだけだ。簡単じゃないか。
「亜利馬。だま・・が無くなるまでかき混ぜるんだよ」
 おたまでボウルの中の生地をすくおうとしていたら、大雅がやってきて言った。
「だま、って何だ?」
「粉が無くなるまで、見た目が平らで綺麗になるまで」
「うおぉ……」
 再びホイッパーを使って、ボウルの中の生地をかき混ぜる。なかなかに骨の折れる作業だった。普段運動などあまりしていない俺の腕が悲鳴をあげている。
「いい匂い」
 ボウルから跳ねたホットケーキの生地が大雅の鼻に付着した。思わず笑ってしまい、ひとまずボウルを置いてタオルでその鼻を拭いてやる。
「可愛いね、大雅」
「馬鹿にしてるでしょ……」
「そんなことない。心からそう思ってるよ」
「亜利馬、ムカつく」
 そっぽを向いた大雅がまたテレビの前へ行ってしまった。

「そういえば大雅の『ブレイズ』の初撮影はいつなの? 獅琉さんは今日撮るって言ってたけど」
「……明後日とか」
「そっか。打ち合わせはした? どんな感じに撮るの?」
 大雅はテレビに接続しているのとは別のもう一台のスマホを取って、何か操作している。
「俺は学生モノ。先生役に犯されるやつだと思う」
「メインレーベルでも学生モノって撮るんだ」
「『ブレイズ』はレーベルにこだわらないんだって。亜利馬も女装とかさせられるかもよ」
「ええ……女装は嫌だ!」
「冗談」
 真顔で言われると冗談も冗談に聞こえないから困る。俺は熱したフライパンに生地を落としながら、「女装だけは嫌だと山野さんに伝える」ことを頭にインプットさせた。