新しい部屋と新しい理解者

『十月も後半、すっかり秋の装いになりました。公園で拾った松ぼっくりやどんぐりは、子供達のこの時期ならではの宝物です』。

 十月二十五日、金曜日。
「おとや先生! 帽子付きのどんぐり!」
「お、よく見つけたね。可愛い」
「先生にあげる。おひっこしのお祝い」
「ありがとう、雪名ゆきな
 そうなのだ。明日はいよいよ引っ越しの日。予定より少し早いけど、約二年暮らしたあの五畳のワンルームとも、今日でお別れなのだ。

 当然のように勇星と住む流れで決めた2DKの部屋は、今のアパートとそれほど距離は離れていない。むしろほんのちょっとだけ幼稚園から近くなったくらいで、居酒屋「弥平」にも変わらず通える。家賃は十五万で、この町の2DKにしては少し高い。ちなみに俺が五万、勇星は八万。光熱費は折版だ。

 大きな音を出しても大丈夫という条件を優先した訳だけれど、そうなると「楽器可能」の部屋になるらしい。幼稚園から近くて楽器可能の部屋で築年数もなるべく新しいもの(これは勇星の出した条件)で探してもらったら、ここ一件しかなかったのだ。

 だけど今より広い部屋に住めるというだけで、俺の気分は上がっていた。

「おとやー、おれもどんぐりあげる!」
「わたしも!」
「ありがとー」
 園庭にたくさん落ちているどんぐりが、次々と俺のポケットに収納されて行く。空になったティッシュケースにどんぐりを移し、マジックで側面に「おとや」と書く。それを教室の棚の上に置き、しばらくして見たらどんぐりは山盛りになっていた。

「勇星、この机はどこに置くんだ?」
「リビングでいいか。寝室に作業机置くのも嫌だろ」
 勇星の机、それからスタンドライト。小さめのソファも置いて、ラグとカーテンも新調した。布団は並べて寝室に敷けるし、風呂もキッチンも前よりちょっと広い。冷蔵庫と洗濯機、これからの時期に大活躍の加湿器。そして、棚の上にはどんぐりが詰まったティッシュケース。

 色違いの歯ブラシとコップ、箸と食器。引っ越しの業者には変に思われたかもしれないけれど、今日から正真正銘の男二人、同棲生活。

「取り敢えずこんなモンか。お疲れ、音弥くん」
「お疲れ様。あー、いいなぁ広い部屋」
 ソファに腰を下ろして伸びをすると、勇星が隣に座って俺の髪をくしゃくしゃと撫でてきた。
「俺の安月給じゃここが精いっぱいだ。いつか六本木のタワーマンションに住ませてやるからな」
 冗談ぽく言いながら勇星が俺の額に口付ける。

「そういや、あのどんぐり。もう少し何とかしろよ、虫が湧いたら困る」
「湧かないでしょ」
「後は細かい雑貨も買いに行かねえとな。音弥くん欲しい物あるか」
「前にテレビで見たんだけど、マグカップに米と水入れてチンすると炊き立てご飯ができるって。そのカップがこの辺じゃ売ってないんだよ」
「んじゃ、明日にでも探しに行くか。俺も炊いた飯食いたい」

 それからコルクボードに子供達との写真も飾りたい。写真立てには勇星との写真も飾りたい。お洒落な部屋用のフレグランスと、タッチ式のライト。ちょっとしたインテリアになりそうなもの。
 壁は防音だから歌っても苦情はこない。ついでに、「そういう時の声」も漏れることはない。
 今日から俺達の再スタートだ。勇星とのこれからが楽しみで仕方ない。

「今後ともよろしくな、音弥くん」
「うん。よろしく」
 どちらともなく目を閉じて、唇を重ね合う──と、その時。ふいに玄関で呼び鈴が鳴った。
「大家さんかな? ちょっと出てくるよ」
「早めに済ませて戻れよ。脱いで待ってる」
「アホ!」