記念日と勇星の誕生日

 あの笑顔と熱気に包まれた運動会から一週間と一日──十月十三日、日曜日。

 今日だよ、今日。今日しかない。
 だって今日は、十月十三日は。

「……いいって、そんなの別に」
「良くない。……だって今日、勇星の誕生日なんだろ」
 日曜礼拝から帰ってきたばかりの午後一時。
 俺はワンルームに立ち尽くす勇星の足元で仰向けになり、両手を胸の前で組み合わせて目を閉じていた。
「音弥くん、……」
「煮るなり焼くなり、好きにしてくれ」
「………」
 誕生日プレゼントは俺自身。これは俺が考えた訳ではなく、三日前に宅飲みしながら話していた時、勇星からリクエストされたものだった。
「そんじゃ俺の誕生日には、音弥くん自身をプレゼントとして貰おうかな」
 赤い顔でそう言っていた勇星の前で、俺は覚悟を決めたのだ。
 勇星が言うなら。勇星がそれを求めるなら。俺だってガキではないのだし、いつまでも出し渋っていたって仕方ない。
 俺としては何かきっかけが欲しかった。勇星の誕生日というなら、それは申し分ないほどの特別なきっかけだ。

「そりゃ気持ちはありがてえし、俺としては大歓迎だけどよ。……そんなカチコチで寝っ転がられても、やりにくいっていうか……」
「寝ない方がいい? 立ったままの方が?」
 半身を起こして勇星を見上げると、その場にしゃがんだ勇星が俺の鼻を摘まんで言った。
「無理すんなって言ってんの」
「む、無理してないって。俺は勇星と……!」
「俺も音弥くんとセックスしてえよ。だからこそ、無理させたくねえの」
「っ……」
 強く抱きしめられて、背中を摩られる。それだけで頭の中がほわほわと蕩けだしてしまうほどには、俺は勇星に染まっていた。
「明日は祝日だし、ゆっくり過ごそうぜ。ここ最近行事も多かったから疲れてるだろ」
「……う、うん」
「取り敢えず昼飯食いに行くか。デートしよ」
 差し出された手を掴んで立ち上がる。

 そうだ。今日は日曜、明日は体育の日で休み。時間はたっぷりある。
「空島勇星をこの世界に遣わして下さり、ありがとうございます」
 ついさっき教会で、見谷牧師が個人的な祈りの時に言っていた。勇星がこの世界に生まれてくれた日。神が勇星をこの世に遣わしてくれた日。十月十三日。
 勇星の、二十六歳の誕生日。

「そうだ、誕生日プレゼントを別に買ってあるんだよ。今渡してもいい?」
「マジか。悪いな、ていうかすげえ嬉しい」
 勇星の鳶色の瞳が輝けば、俺も心底嬉しくなる。早速ロフトへ上がって用意していた箱を取り、再び勇星の前へ戻る。
「開けていいのか?」
「もちろん」
 平べったいが、立ったまま開けるには少し重い箱だ。床に膝をついた勇星がテーブルの上にそれを置き、リボンをほどいて包装紙を剥がし始めた。
「これは……」
 現れた箱のデザインを見た勇星が、その恰好のままで止まる。
「ど、どうかな? 勇星に必要かもと思って選んだんだけど」
 それは今年の秋に発売されたばかりの新型タブレットだった。いつも小さなスマホを弄って楽譜を作っていたから、このくらい大きな画面ならノートの横にスタンドで立てて気軽に使えるし、見やすいし、使いやすそうだし、……
「………」

 あまりにも勇星の反応がなくて、後ろに立ったまま俺は少し不安になってしまった。余計な世話だったろうか。スマホの方が使いやすいだろうか。
「音弥くん」
「は、はい」
 ゆっくりと立ち上がった勇星が、次の瞬間──思い切り俺の口を塞いだ。
「んぐっ……」
「は、……やべぇ。音弥、もっかい寝転がれ。二日かけて抱き潰してやる」
「ちょ、ちょっと待ってって。落ち着いて、勇星っ、落ち着け!」
 その肩を押して何とか勇星の体を引き剥がし、タブレットを胸に押し付ける。
「アプリもいっぱい入れれるし、写真も動画も撮れるし。容量も多いから必要なの全部入れられるよ」
「俺は今すぐ音弥くんに挿れてえ」
「こ、このエロオヤジ!」