亜利馬、ようやく撮影終了 -3-

 突き出した尻に改めてローションを塗られてから、潤歩の先端があてがわれた。
「ん……」
「亜利馬、口開けて」
 獅琉の息はあがっている。さっき俺の中に入っていたのと同じ硬さを保ったままのそれが、俺の唇にキスをするみたく押し付けられた。
「あ……」
 咥える前に潤歩のそれがバックから挿入され、腰の辺りを中心に電流が走った。獅琉のよりもサイズは大きいけど、獅琉が慣らしてくれたのと体位のお陰か、それほど苦しさは感じない。
「んっ、ん……! あっ……!」
 獅琉の時は抜かれる時にぞくぞくしたけれど、潤歩の場合は突かれる時に強烈な刺激が襲いかかってくる。奥の奥まで貫かれる感覚がまだ俺には快楽なのか分からないけど、単純に「凄い」ってのだけは伝わってくる。

「はぁ、あ……獅琉、さん、──んっ」
 目の前で屹立している獅琉のそれを少しだけ口に含み、味わうように舌を這わせる。後ろから突かれる衝撃で間違っても獅琉を傷付けないよう、深く咥え込むなと教えてくれたのは山野さんだった。
「気持ちいいよ、亜利馬……」
 獅琉が俺の頭を撫で、熱い息を吐き出す。後ろでは潤歩も「ハッ、ハッ」とそれこそ獣みたいな声を発している。俺は突き出した尻の中を貫かれる感覚に朦朧としながら、懸命に獅琉のそれを愛撫した。
「あー、堪んね。イきそ」
 潤歩のその言葉がまた合図となり、獅琉が俺の腕を取って上体を起こさせた。始めに俺が射精して、次に潤歩、最後に獅琉の順番となっている。まずは俺がイかなきゃ何も終わらない。
「あっ、あ……うぁっ、……あん……!」
 膝立ちになった状態で後ろから激しく突かれ、更に獅琉が俺のそれを握って扱き始めた。さっき獅琉にフェラされた時にイけなかった分、一気に快感がせり上がってくる。

「あ、あ……あっ、で、出ちゃい、ます……!」
「いいよ出しても」
 獅琉が俺のそれを扱きながら、誰にも聞こえない小さな声で耳元に囁く。
「亜利馬のエッチなとこ、皆に見てもらおうね」
「やっ──ああぁっ……!」
 危うく精液と一緒に鼻血が出そうになったが、射精の爽快感に興奮が緩和されてぎりぎり堪えることができた。
 迸った精液がベッドの上に飛ぶ。ダークグレーのベッドカバーに真っ白い体液が分かりやすく付着し、カメラがそれを映した後に俺の惚けた顔をアップで撮った。
 それから潤歩が俺の中から自身のモノを抜いて素早くスキンをはずし、四つん這いになった俺の腰の上に射精した。そして俺は再び獅琉のそれを咥えてめいっぱいにしゃぶってすすり、ほどなくして獅琉に顔射され、どろどろになった顔をまた映されて──
「オッケーです!」
 ようやく、撮影が終了となった。

「はぁ、……お疲れ様、亜利馬」
「し、獅琉さん……」
「あー、疲れた。シャワー浴びて寝てえ」
 アシスタントさん達が獅琉と潤歩にガウンを着せ、俺の顔をタオルで拭いてから俺にもガウンを着せてくれた。
「良かったよ獅琉、お前がいてくれて助かった」
「へへ。ありがとうございます」
「なあ、俺は?」
「潤歩ももちろん良かったって。またアソコ大きくなったんじゃない?」
「なるか、バーカ」
「おーい、できれば三人でシャワー入っちゃって。そこも撮るから」
「了解です。──亜利馬、立てる? シャワー浴びよ」
「……は、はいっ……」
 セックスもAVもよく分かっていない俺だけど。
「良かったぞ、亜利馬。頑張ったな」
「山野さん……」

 未だかつて経験したことのない充実感というものが、そこにはあった。