亜利馬、ようやく撮影終了

 そういうわけで──翌日。『亜利馬・最速コウソクデビュー』である。

 デビュー早々いきなり縛られるという俺にしてみればハードな内容だけど、叫んだり暴れられないようにするための苦肉の策ということだ。まるでレイプのようで、新人の俺にそういうイメージが付かないか獅琉は心配していたが……
「むしろそうしてもらった方が、俺としても安心かもしれません」
 下手に自由が利くと自分でも何をするか分からないと言えば、不安げながら獅琉も納得してくれた。
 今日は元々獅琉とのシーンを撮る予定だったのだが急遽内容が変更となり、俺と獅琉、そして潤歩との三人でこれを撮ることとなった。
 結果はどうあれ潤歩も頼もしかったけど、獅琉がいてくれるともっと安心できるのはどうしてだろう。こんなイレギュラーな展開に文句も言わず焦りもせず、ただ俺を励ましてくれる獅琉は本当に天使のような存在だった。
 潤歩は頼もしい。獅琉は安心できる。二人がいてくれれば二倍頼もしいし安心だ。

「亜利馬、落ち着いてね」
「また蹴ろうとしたら、逆にお前のケツ蹴っ飛ばすからな」
「は、はいっ。お願いします!」
 両手の拘束を外された俺の背後に潤歩、前に獅琉。あぐらをかいた潤歩の脚に上半身を乗せ、開いた脚の間に獅琉の上半身が入っているという恰好だ。その状態で「スタート」の声がかかり、獅琉が小さく頷いてから俺のパンツをゆっくりと脱がして行った。
 休憩を挟んで萎えた俺のそれがカメラにアップで映し出され、妙な解放感にぶるっと体を震わせる。背中に感じる潤歩の体温が心地好く、俺を見下ろす獅琉の眼差しは優しい。少しずつ開かされた脚の間に獅琉が顔を落とし、萎えた俺の性器にそっと口付ける。──愛おしむようなキスを繰り返す獅琉の顔は艶めかしくエロかった。
「ん、……んぅ……あぁっ」
 獅琉のキスがやがて舌での愛撫に変わり、芯を持たない俺のそれが獅琉の舌に弄ばれるようにしてぷるぷると揺れた。
「一丁前に感じてんのかよ。エロい顔」
 上から俺を見下ろす潤歩が、意地悪く笑って俺の乳首を指で弾く。
「んん、ぁ……気持ち、い、です……、あんっ」
「贅沢なことされてんなぁ、お前……」
 潤歩に左右の乳首を揉まれて抓られ、獅琉に恥ずかしいところを舐められ……俺はまな板上の魚みたく体を跳ねさせながら、トップモデル二人による極上の愛撫を存分に体験させてもらっていた。

「ふふ。亜利馬、可愛いペニスが男らしくなったね」
 芯を持ち完全に上を向いた俺のそれを、獅琉が根元から先端に向かってべろりと舐め上げる。
「あ、あぁ……あ、……しりゅ、さん……」
「もっとして欲しい? 潤歩にも手伝ってもらおうか」
 獅琉が目で合図を送ると、頭上を越えて潤歩の右手が俺のそれに伸ばされた。輪っかにした親指と中指で潤歩に竿を扱かれながら、更に獅琉に先端を含まれる。
「あっ、んん……! だ、駄目ですっ、……それ……!」
「それって、どれだよ?」
「さ、さわりながら、すうのっ……や、だあぁっ……!」
「嫌じゃないよね。亜利馬のココ、涎垂らして凄い喜んでる。……ヤラシイ味するよ?」
「いっ──や、……あぁっ、獅琉、さんっ……」
 獅琉の優しい声でそんなことを言われると、余計に恥ずかしくて顔が真っ赤になる。何とか鼻血を堪えることができたのは、頭の中に新しい台本がインプットされていたからだ。これで獅琉が変にアドリブを入れてきたら、間違いなく噴出していただろう。

「はい、一旦止めまーす」
 その声と同時にカメラが俺達から離れ、獅琉と潤歩も俺から離れた。二人が手早く下着を脱いで獅琉がスキンを装着させる間、ユージさん他現場のスタッフ達が慌ただしく俺達の汗を拭いてくれた。
「亜利馬、お尻上げて」
「は、はい。──ひゃっ!」
 ちょっと急いだ様子で獅琉に言われてその通りにすると、獅琉が手のひらに出したローションを俺のそこに塗りたくった。
「潤歩よりはデカくないから大丈夫だと思うよ。落ち着いて、別のこと考えてていいから」

 そうして俺達はそれぞれ、さっきと同じ位置に戻った。
「歯、たてるなよ。苦しくなったら無理しねえで口から抜け」
「は、はひ……」
 これから俺は獅琉とセックスをしながら、潤歩のそれを咥えることとなる。カメラが再び回り出し、獅琉が開いた俺の脚の間へ自身の腰を入れた。
「綺麗だよ亜利馬」
「………」