遥か、愛しのニライカナイへ捧ぐ歌 -7-

 ───。

 深く深く口付け合い、互いに濡れた舌を愛撫しながら、俺達は何度も熱い視線を絡ませた。明鷲の灼けた肌が俺を包み込む。心地好さに吐息を漏らすと、それすらも愛おしげに明鷲が唇で掬い、塞いでくれた。

「ん、……!」
 下着の中に入ってきた大きな手が、そのまま俺のそれを軽く握る。恥ずかしながらキスだけでだいぶ反応してしまったようだ。それからもう片方の手でシャツが大きく捲られて、胸の突起にゆっくりと唇が被せられた。

「あ……、あ……」
「どっちも勃っちょるよ、南雲」
「やっ、やめ……! そんな、の……言うなっ……」

 刺激を与えられる度に反射的に腰をくねらせてしまい、明鷲の手に直接自身のそれを擦り付けてしまう。舌で激しく乳首を転がされれば、甘い電流が全身を駆け抜けて行く。俺は明鷲の熱い背中に触れ、切ないほどの快楽に身悶え、喘いだ。

「あ、あき、わし……」
「ん?」

 俺の胸元から顔を上げた明鷲に、数舜迷い、……白状する。
「俺……こういうの、初めてだから。その、……優しくして欲しい」
 噴き出した明鷲が俺の頭を撫で、ぎゅっと胸に抱きしめて言った。
「南雲ちゃん、可愛すぎるやんやー」
「い、いや別に、そういうんじゃなくてっ……」
「任せろ、優しくする」
「うわっ……」

 再び布団に転がされ、今度は一緒に下着も脱がされた。何かを言う間もなく脚を広げられ、その中心に明鷲が顔を埋める。「あっ……!」瞬間、俺の目の前に幾つもの閃光が走った。

「ちょっ、……待って、明鷲っ……そんなっぁ……!」
 いきなり根元まで咥えられ、予想もしていなかった刺激に下半身がビクビクと痙攣する。逃げたいのに力が入らず、まともな言葉を発することもできない。俺は無意味に拳で布団を叩きながら、もう片方の手で明鷲の癖の強い黒髪を掴んだ。

「も、駄目だって……汚ね、から……!」
 含んだ口の中、明鷲が俺のそれを絶妙な強さと優しさで舐め回している。唾液の濡れた音が洩れ、俺の口からも恥ずかしい声が洩れてしまう。

「ふ、……」
 明鷲が俺のそれを口から抜き、小さく息をついた。やっと解放してもらえたと思ったのも束の間──今度は俺の腰を更に持ち上げ、恐らくはこれから明鷲と繋がることになるであろうその部分に、舌を這わせてきたのだ。

「いやちょっと、マジでほんとに……!」
「じっとしてろ」
「んあぁっ……!」
 同時に屹立した陰茎を扱かれ、その耐え難い刺激に俺ははしたなく涎を垂らし、腰を痙攣させてしまった

「あ、明鷲、ぃ……、あぁっ、あ……」
 こんな男前にそんな所を舐めさせるなんて、罪悪感と恥ずかしさで頭がおかしくなりそうになる。明鷲がモテるのは想像できるけど、まさか何の躊躇もなく性器や尻を舐められることになるとは思ってもいなかった。

「南雲、力抜いてろよ」
「ん、……!」
 明鷲の指が入ってきた瞬間、思わず体を強張らせてしまったけれど……どうにか深呼吸をして、俺は天井に向けていた視線を明鷲の方へと移動させた。

「………」

 切なげな笑みを浮かべて俺を見つめている明鷲。目が合い、思わず頬が熱くなる。その瞬間、俺の中を探る明鷲の指が更に深く挿入された。