11 -3-

 午前一時、二十五分。

 アパートに戻った俺は、一度着替えてから腕時計の箱をそっと棚の上に置き、その足で近所にある小さな児童公園へ向かった。

 鈴虫の声がする。

 空には月。少しだけ雲に隠れている。

 誰もいない深夜の公園。街灯に照らされたベンチに座り、俺は翔宇を待った。

 翔宇が来たなら、全て伝えよう。

 俺が七年間抱いてきた想いの全て。翔宇はたぶんそれに応えてくれる。さっきの電話で、おぼろげな予感が確信に変わった。

 きっと、翔宇も俺が好きだ。

「響希」

 小声で俺を呼ぶ声がして、顔を上げた。

 公園の入り口から翔宇がこちらに歩いて来る。

「お待たせ」

 左手にはコンビニの袋。右手には水の張ったバケツ。白いTシャツと、ジーンズ姿の翔宇。俺の顔が綻んだ。

「お疲れ様」

「響希もお疲れ。ジュース買ってきたからどうぞ」

「ありがと」

 受け取ったペットボトルを火照った頬にあてた。

 翔宇は俺の目の前でしゃがみ込み、買ってきた手持ち花火の封を開けている。

「翔宇、珍しく今日は酒飲まされなかったんだな」

「ん。ちょっと今日は具合悪いから飲めません! って、ビシッと断ってきた」

「そうなんだ。偉いじゃん」

「だって、響希と大事な話するのに酔ってたら失礼だろ?」

「………」

 先手を打たれたような気がして、俺はペットボトルの蓋の上に顎を乗せ、下唇を突き出した。

「ほい」

 手渡された細長い花火。ライターを取り出した翔宇が、俺の隣に腰を下ろす。

「せーので一緒に着火しようか」

 ライターの火に二人で花火の先端を近付ける。するとたちまち、シュッ、と音を立てて花火が火を噴き始めた。

「響希見てろ。これ、途中で色変わるからな」

「じゃあ先に変わった方が勝ちだな」

「え。この場合、先に変わった方が負けなんじゃねえの?」

「翔宇が負けたらケツに花火挿して公園一周」

「ちょ、絶対嫌だ」

 空いてる方の手で、翔宇が新しい花火を取り出した。まだ火を噴いている花火に先端を寄せて着火し、両手に持ってはしゃいでいる。それを見て笑いながら、俺も次の花火を手に取った。

「誕生日、どうだった? ロマネの風呂入った?」

「いや、普通の風呂だった。でもロマネは飲んだぞ」

「えー。俺は酒我慢してきたのに?」

「だって断れないし、翔宇とここに来ることになるなんて思わなかったから」

「ヘリから見た花火は? 綺麗だった?」

「すっげえ綺麗だった。マジでセレブ気分だった」

「響希、泣いてたな」

「う、うるさい」

「俺も久々に、中学ん時のあの感動を思い出したわ」

「……俺も」

 それから翔宇が立ち上がり、色々な種類の花火を五、六本手にして一気に火を点けた。

「見ろ、響希。かっこいい?」

「危ねえよ、気をつけろ」

 翔宇の白いTシャツと嬉しそうな顔が、赤や緑の光に照らされている。

「ガキん時って、こうやって一気にやるの夢じゃなかった? なかなか勿体なくてできねえんだよな」

「あと、持ち手が特殊なやつな。これだ、紙でできてるやつ。弟と取り合いしてたもん」

「じゃあ今日はそれ響希に譲ってやる」

 俺も立ち上がって、自分のライターで火を点けた。

「喰らえ」

 ぎりぎりのところまで、翔宇の方へ花火を向ける。

「うおっ、馬鹿やめろ!」

「やめねえ。そのアホみたいに高いジーンズに穴開けてやる」

「や、やめろってマジで! ちょ、響希っ……やめて!」

「おい、逃げるな!」

 俺と翔宇は笑い合い、汗だくになりながら公園中を走り回った。

 やがて走り疲れた俺は、まだ警戒して逃げている翔宇を放ってベンチに戻り、さっき翔宇から貰ったペットボトルのサイダーを飲んだ。

 喉を刺激する炭酸が熱くなった体に心地良い。