翌日、目が覚めた時は既に午後になっていた。

『仕事行ってくる』

 翔宇の書き置きがテーブルにあり、その横に玉子焼きと簡単なサラダが用意されていた。白飯が盛られた茶碗にはラップがしてある。台所の鍋には味噌汁も作られてあった。

 テーブルの前に座ってそれらで遅い昼食をとりながら、ぼんやりと昨夜の翔宇の言葉を思い出す。

 零にまともな人生を歩ませたい──。

翔宇が呟いたその言葉は、同じ仕事をしている俺にとってこれ以上ないほど酷なものだった。しかもその後、はっきりと言われた。零のことが好きなのだと。

 高校を卒業して以来、翔宇から特定の誰かを好きになったという話を聞くのはこれが初めてだ。昔から誰にでも気があるような素振りをしていた翔宇だから、あんなにも強く自分の気持ちを口にするなんて信じられないという思いもあった。

翔宇が心から好きな相手と幸せになれるのなら、俺は身を引いてもいい。元々実ることを期待しないで抱き続けていた想いなのだ。零のことは俺も好きだし、あの二人なら性格的にも上手くやっていけそうな気がする。

 ……だけど、一人になるのが怖い。

 翔宇がこの部屋からいなくなったら、俺は一人で食事をし、一人で仕事に行き、一人で眠ることになる。一人でテレビを見て、一人で煙草を吸い、一人でスマホをいじって、一人で生活する。

 耐えられない。七年も一緒にいたのだ。今さら、翔宇がいない生活なんて送れる自信がない。

「………」

 そう思うと味噌汁がさらにしょっぱくなって、涙が止まらなくて、俺は泣きながら翔宇の作ってくれた玉子焼きを口に入れた。

「美味い……」

 呟いて、また涙が溢れた。

 外は今日も雨が降っている。俺の心の中も鉛色の空と同様に曇り、濡れていた。

「ん」

 テーブルに置いたスマホが鳴り出した。手に取ってディスプレイを見ると、画面には店の名前が表示されていた。口の中で玉子焼きを噛みながら通話ボタンを押す。

「はい……」

〈流星くんお疲れ様。今日、四時から一本予約入ったけど大丈夫?〉

 急いで玉子焼きを飲み込み、俺は明るい声でそれに答えた。

「大丈夫です。店に行けばいいですか?」

〈××ホテルの六〇三号室。行ったことあるっけ?〉

「ん。ちょっと自信ないですね。新規のお客さんですか?」

〈サイト見て指名してくれたお客さんだよ。百二十分コースだから、お疲れのとこ悪いけどよろしくね〉

「分かりました」

〈じゃあ今から迎え行くから、外で待っててくれる?〉

「了解っす」

 急いで皿を洗い、軽くシャワーを浴びた。失恋に泣いてる暇などない。俺を待っててくれる人がいるんだ。流星は仕事に私情を挟んで手を抜くような奴じゃない。新規の客なら、なおさら頑張って次に繋げないと……。

「………」

 繋げてどうする? 心のどこかでそんな声がした。

 翔宇がいなくなったら、俺に残されてるのは売り専の仕事だけだもんな。これで客からも見放されたら本当に一人ぼっちだ。だから必死になってるんだろ……。

「……う、……」

 自分の弱さを思い知り、シャワーに打たれながら俺はその場にうずくまった。

 零のマンションとは比べ物にならない程に狭い浴室。翔宇だってきっと、もしもその時が来たならあの部屋で生活する方を選ぶに決まっている。逆で考えたら、俺だってそうするはずだ。

この先翔宇のいない生活が来た場合を考えると、どうしていいのか分からずに涙だけが溢れてくる。止めようと思っても、止まらない。

「ん……」

 脱衣所でスマホが鳴っているのに気付き、俺はのろのろと体を起こしてシャワーの栓をひねり、タオルで手を拭いてからそれを手にした。また店の番号だ……。

「もしもし……」

〈お、響希起きてんじゃん。おはようさん〉

「翔宇っ……?」