潤歩、彼氏モード発動

潤歩(ウルフ)、21歳
身長:176 体重:64
誕生日:2月14日
血液型:AB型
好きなもの:ジャンクフード
苦手なもの:バック受け
「俺以外で抜けねえ体にしてやるよ!笑」

 産まれて初めての本番撮影。
 産まれて初めてのセックス、に、なるかもしれない撮影。
 別にこの歳まで自分の操を大事にしてきたわけじゃないけど、俺の初体験が大勢に見られるというのは何だか複雑な気持ちだ。
 しかも、その相手というのが……

「すっげえ、乗り気じゃねえんだけど。本番中に鼻血噴いたら、マジでお前再起不能にするからな」
「はあ。……俺だって不本意ですし。初めてはどうせなら獅琉さんが良かったし」
「何か言ったか」
「い、いえ。何も言ってないです」
 初めて俺を抱く男。
 まさかそれが、潤歩になるなんて。

「今回の撮影は潤歩と亜利馬、獅琉と亜利馬で一本ずつだ。獅琉のスケジュールの関係で、先にお前達から撮ることになった」
 俺と潤歩の心の内など全く配慮していない素っ気なさで、山野さんが言った。
「シチュエーションは『先輩と後輩』、街中でのデート風景から公園に移動してイチャついた後に、潤歩の自宅というセット部屋で本番の撮影となる」
 潤歩が嫌そうに俺を見た。
 会議室には俺達三人。何だか重い空気が漂っている。
「……街中で撮影するんですか?」
 思わず質問すると、山野さんが腕組みをして頷いた。
「何も手を繋いで歩けとは言わない。普通の友人と歩いている感覚で、自然にやってくれればいい」
「自然に……」
 ということはすなわち、これは「演技」。ドラマや映画ではないけれど、俺がずっとやりたかったことだ。
「公園でイチャつくって、どの程度だよ?」
 潤歩の質問にも、山野さんが顔色一つ変えずに答える。
「ベンチで会話して、キスをする程度だ。もちろん人目に付かないようにする」

 もらった資料にはこう書かれていた。
『恋人同士風になることを意識する。亜利馬の初々しさと初体験であることを強調。潤歩がリードするが、メインは亜利馬ということを意識する。』
「この俺がデビュー作の飾り扱いとはな」
 頬杖をついて口を尖らせる潤歩に、山野さんが「違う」と首を振って言った。
「デビュー作だからこそ、お前と獅琉を起用した。人気モデルで釣ってるといえば聞こえは悪いが、それよりもお前達になら任せられると二階堂さんも言っていたぞ」
「マジかよ。そういうこと?」
「そういうことだ」
 おっし、と潤歩が拳を握る。
 そして「任されたからには売上を保証してやるぜ」と得意げに笑われた。めちゃくちゃ単純な思考の持ち主だ。内容が内容だし、嫌々やられるよりは断然良いけれど。

「それから、この撮影で亜利馬は初めてバック挿入することになる。経験はないと聞いているが、やれそうか?」
「は、はい」
「獅琉にやり方を聞いて、簡単な道具で試しておくといい。本番でいきなりというのは効率的ではないからな」
「は、はい……そうします」
「まあ、教えるのは潤歩でもいいが」
「………」
 横目で潤歩を見ると、潤歩もニヤつきながら俺を見ていて目が合った。
 ──潤歩と恋人同士設定って、本当に大丈夫なんだろうか。

 その時、会議室のドアが小さなノックと共に開かれた。
「おはようございます……あれ?」
 顔を覗かせたのは大雅だった。眠そうな目を半開きにさせて、まさに寝起きなのか髪型も少しボサついている。
「……山野さん。俺、今日って画像の撮影じゃなかったでしたっけ」
「大雅は明日の予定だが」
「あー……、間違えた。曜日の感覚、全然ない……。失礼しました」
「おい、待てよ大雅」
 出て行こうとする大雅を呼び止めたのは潤歩だ。
「なに?」
「暇ならちょっと俺達に付き合え」
 寝ぼけ眼のまま、大雅が「うん……?」と小首を傾げた。