#29

「政迩、嬉しそうな顔してる」

 休憩室に荷物を置いた後、パソコンの電源を入れながら大和が言った。

「最近お前、よく笑うようになったよな。ひと月前とは比べ物にならねえ、まるで別人みたいな笑顔になってる」

「そうかな……。顔では笑ってても、心の中ではどんな腹黒い計算してるか分かんねえかもよ」

「何を計算してるんだ?」

「大和をショック死させることとか」

「え。何だよそれ、怖すぎる」

「昨日の休み、大和一人で出掛けたじゃん」

 俺が言うと、大和が「そうだよ!」と思い出したように捲し立てた。

「だってチカ誘っても来ねえしさ。しかも、『しばらく帰って来んな』とか言われてさぁ。朝から大喧嘩したじゃん。俺、結局あれからネカフェで時間潰して、昼も夜も一人でラーメン食ったんだぞ」

 大和が子供みたいに頬を膨らませ、俺を振り返る。

「政迩、俺に隠れて何かやってたんだろ。帰ったら帰ったで、台所はぐちゃぐちゃだし、なんかネバネバしたのがこびり付いてて……掃除大変だったんだからな」

「そ、そこまで言いながら、まだ分からねえのかよ?」

「だから何が」

 俺はうずうずしながら大和の目を見て、満面の笑みを浮かべた。

「教えねえ」

「なんか怪しいな」

 大和が俺の背後を覗き込もうとして、俺は咄嗟に身を引いた。だけどすぐに、大和が反対側から覗こうとしてくる。

「何持ってんだよ後ろで。そのコンビニの袋、なんだ」

「教えねえ。ていうか昼飯だよ、俺と大和の」

「いいから、どうせバレるんだから。早く政迩。俺らもう、隠し事しねえって約束しただろ」

 もっともっと焦らしていたい。大和のこの顔を、ずっと見ていたい。

「大和が俺にキスして、何か甘い言葉を囁いてくれたら、考えてやる」

「なんだ、そんな簡単なことでいいのかよ」

 よほど自信があるのか、したり顔で大和が俺の両肩に手を置いた。

「……ん」

 大和の体温を唇に感じながら、後ろ手に持った袋を少しだけ揺らしてみる。

ビニールが擦れ合う音に混じって、袋の中からカラコロと可愛い音がした。歪な形の甘い宝石の欠片が、箱の中でぶつかり合う音だ。

「マジで好きだよ、チカ」

 もう聞き飽きた。笑って言おうとして、俺は口元を弛ませた。

「……俺も好き」

 これが俺の、大和への最後の隠し事。

 さあ、いつ打ち明けようか──。

「オラ、とっくに戻ってんぞ。お前ら、さっさと開店準備しろ」

 ドアから顔を覗かせた白鷹が、つまらなそうに俺達を見て言った。

「白鷹くん早過ぎ。せっかくいい雰囲気だったのにぶち壊しだぜ」

「お前らの邪魔をすることが、今後の俺の生き甲斐だからな」

「まあ適度に邪魔があった方が燃えるってのは、俺ら経験済みだけどね」

 大和と白鷹が顔を見合わせて笑う。ニコニコしてはいるけれど、互いに殺気はダダ漏れだ。

 俺はそんな二人の間に割って入って、MP3プレイヤーのスイッチをオンにした。いつものエレクトロニカが流れた瞬間、笑顔で睨み合っていた大和と白鷹が、パブロフの犬のごとく瞬時にして仕事の顔に切り変わる。

「よーし、じゃあ店開けるぞォ! 大和とチカは店頭配置。俺はレジ金の準備と在庫の補充。入荷のトラックが来るまでに終わらせるからな!」

「了解っ!」

 とは言ったもののまだ時間が早過ぎて、買い物客なんて全くいない。静かな朝の東楽通り、Gヘブンだけが周りから浮いている。

「チカ。ヒョウとゼブラ、どっちのパーカが売れるか勝負な」

「いいよ。どうせ俺が勝つけど」

 俺と大和はラックやワゴンを引っ張りながら、同時に空を見上げて眩しさに目を細めた。

「ああ、すげえいい天気!」

 春風が桜の花弁を優しく揺らし、俺達の頭上を鮮やかに彩っている。浮遊する一枚の花弁が右へ左へ揺れながら、やがて大和の掌に落ちて動きを止めた。

 これまでの四年間、そしてこの先に続いている途方もない日々。ヘコんだり笑ったりを繰り返しながら、結局は俺もこの桜のように、最後には大和の強い力に引き寄せられるのだ。

「政迩、見てみろ」

 その時は二人手を繋いで、また新たな空へと飛び立とう。

「綺麗だな」

 三月十四日。

 薄桃色の世界の中、俺は空を見つめる大和の頬にそっと唇を押し付けた。

 

 Gravity of Love・終