獅琉、スイッチON

獅琉(しりゅう)、21歳
身長:177 体重:ふつう
誕生日:3月3日
血液型:O型
好きなもの:スイーツ
苦手なもの:虫
「ブレイズ、はじめました。こちらもよろしくね」

 怒涛の初撮影から一夜明けた今日、俺は獅琉の部屋のソファでうつ伏せになり漫画を読んでいた。

 昨日はあの後で事務所の人から二万円をもらったのだが、それはオナニー撮影の報酬だそうだ。顔出ししていることと俺の年齢や容姿を加味して二万円ということを言われたけれど、獅琉に言わせれば「まあまあ」なのだという。
 ちなみに本番は一回セックスするごとに、内容にもよるけど俺の場合はノーマルで五〜七万もらえるらしい。一本の作品で三回セックスしたら最高で二十一万。正直言って、初体験を捧げる割には少ないと思った。
「女の子のAVとは給料形態も契約の仕方も全然違うよ」
 獅琉はそう言っていた。

 即金で報酬をもらう場合と、印税として作品の月の売上に応じて報酬をもらう場合とがあるらしい。どちらが良いかは人それぞれで、獅琉のような人気モデルは印税方式のほうが断然金は良いのだそうだ。これは山野さんが言っていた。

 女優さん達も、人気で大金を稼げるのはトップ層のひと握りだと聞く。その給料がどのくらいかは想像も付かないけれど。
 獅琉も初めは即金で報酬をもらっていたらしい。とにかく数をこなさなければお金にならないから、デビューしたての一番稼げる時にどのくらい勢いを付けるかが重要だと言われた。歳を重ねてから焦っても、その頃には作品のメインは張れないからだ。

 初めに勢いを付けて知名度と人気を確保する。俺達の中で最年長の竜介は、それに成功したから今でもトップモデルとして作品のメインを飾っているのだそうだ。
 ……竜介は最年長といっても二十三歳、一般社会ではまだまだ若造の域。それでもこの業界の寿命は短いわけで、よほどの人気がない限りは二十代後半でメインモデルになることはない、らしい。
 女優さん達もそうだけど、それなりに稼ぐためにはそれなりに頑張らなきゃならない。ちやほやされるのはデビュー直後の一瞬で、怠けていればすぐ後から来た新人に全てを奪われてしまう。
 そうならないためにも今が肝心だぞ、と竜介が言っていた。

 そんな中いま俺は、ソファに転がって漫画を読み、お菓子を食べている。獅琉は昼間からシャワーを浴びていた。昨夜は打ち合わせで遅くなって、風呂に入らず寝てしまったからだ。

 ふいにインターホンが鳴って顔を上げると、モニターには潤歩が映っていた。今日も派手なTシャツだ。腕には相変わらずジャラジャラと色んな物がついている。
 ソファから降りる前にドアノブが回り、潤歩が入ってきた。予め来ることが分かっていたから、鍵をかけないでおいたのだ。

「潤歩さん、おはようございます」
「──じゃ、ねえよ。お前、股間の具合どうだ」
「お陰様で落ち着いてきました。ちょっとまだ痛いですけど、ひりひりがなくなったのでだいぶラクに……」
「とか言ってうつ伏せになってんじゃねえかよ。手前の商売道具を雑に扱ってんじゃねえ」
「す、すいません」
 慌てて身を起こし、きちんと座り直す。
「寝転がって物を食うな。体の管理は自分にしかできねえんだからな。体重の増減も仕事に影響するんだからよ、もっと自覚しろ」
「はい」
 お小言を受けながら取り敢えず返事をすると、潤歩が部屋を見回して「あいつは」と訊いてきた。

「獅琉さんは入浴中ですよ」
「あいつマジ風呂好きだな。そのうちふやけて無くなるんじゃねえの」
「獅琉さんいつもいい匂いしますもんねぇ……」
「………」
 潤歩がリビングから廊下に出て、脱衣所に入って行った。それから顔を出して俺に向かって手招きをする。
「どうしたんですか?」
 脱衣所に向かうと、潤歩が人差し指を口元にあててニヤリと笑った。

 この人、まさか覗く気では。