第5話 壮真理人の葛藤 -6-

 運ばれてきた料理を端から頬張ってゆく煌夜。
 シーザーサラダ、一口チーズハンバーグ、生ハムとサーモンのカルパッチョ、生雲丹のガーリックトースト、オマール海老のロースト。
 林檎のタルト、ショコラケーキ、ハニーマスタードポテト。


 煌夜は前菜もメインもデザートも順番を気にせず、好きな物を好きな順に食べる癖がある。始めはマナーなど知らない子供だからと思っていたが、違った。煌夜の中で食事という行為は、形に囚われず自由なスタイルでするものなのだ。
 箸の使い方も流れるようで、その食べっぷりは見ているだけでこちらも幸せになる。俺が三杯目のビールを飲んで煙草を吸っている間に、煌夜は二人前はあったはずの海鮮ドリアを完食していた。

 思えば煌夜が飯を残している所を見たことがない。これは不味いとか、苦手だとか、文句を言っているのを聞いたこともない。食前の祈りこそしないものの、煌夜は日々の飯に対して感謝の心を持っているらしかった。

「よく食うなぁ、ほんと」
「普通です。理人こそ酒ばかり飲んでないで、自分が頼んだ物くらい食べたらどうですか」
 言われてふぐ刺しに箸を伸ばすと、煌夜が少しだけ満足そうに笑った。
「………」
「黒蜜きなこの抹茶アイス」
「………」
「理人?」
「ああ、……何でも頼めよ」
「どうしたんですか、ぼんやりして」
 目の前に広がる安っぽい夜景に絆されて、俺は煌夜の肩を抱き寄せた。


「理人、……」
「今度のデカい仕事が終わったら、グループ抜けるからよ。……そしたら煌夜、俺と何処か遠い町に行かねえか」
「え……?」
「俺とお前の二人で、イチから全部やり直してえ」
 視線を向けると、煌夜も俺をじっと見つめていた。無垢な瞳がネオンの煌きを受け、静かに揺らめいている。
「新しい仕事も探す。あんな小汚ねえ事務所じゃなくて、ちゃんとした部屋も用意する。煌夜がやりたいことは、全部叶えてやる」
「………」
 答えを渋っているのではない。煌夜は耳まで赤くなっていた。
 ──俺の本気のプロポーズを、煌夜はちゃんと受け止めてくれたのだ。

「理人」
 俺の片腕に抱かれたまま、煌夜が溜息をつくように囁く。
「俺は、理人の……貴方のために、自分の力を使えるならそれで、……いいんです」
「遠くには行きたくねえか?」
 笑うと、煌夜がかぶりを振った。
「俺に気を遣わないで下さい。俺がそんなに多くを望んでないことは、理人も分かってるでしょ。……俺のためでなく、自分のために生きて欲しい」
「俺のために自分の力を使うって言ったお前のために、俺は生きちゃいけねえか」
「俺はいいんです。俺は理人に拾われてからずっと、理人のために生きると決めてるんですから」
「うーん、俺ってば幸せ者。プロポーズをプロポーズで返された」
「……馬鹿じゃないですか」