亜利馬、初めての撮影でヤバいことになる -3-

 それからしばらくして山野さんに呼ばれた俺は、昨日始めに訪れた事務所に連れて行かれ、社長らしき人に挨拶をしてから今度は六階の撮影部屋へ連れて行かれた。
 部屋の中は普通のマンションの一部屋みたいになっていて、ソファにテーブルがあり、既にライトやカメラなども用意されていた。

 ──本当に撮るんだ。

「ソファに座ってくれ。リラックスしろよ」
 山野さんに言われて部屋の中央にあった白いソファへと静かに腰を下ろす。すると少ししてドアが開き、スタッフらしき中年男性が「どうもです」と中へ入ってきた。
 ソファに座った俺を見て、その男が頭を下げる。
「インタビュー撮影の担当します、川中です。今日はよろしく」
「あ、どうも初めまして。亜利馬です。よろしくお願いします」
 握手をしてから、川中さんが俺の向かい側のソファに座った。
「えーと、亜利馬くんね。そんな緊張しなくていいからね。普段の感じを見せてくれれば」
「は、はい」
 軽い調子で言う川中さんが、手にしていたノートを開く。
「十八歳だってね。若いね、即戦力だ」
「そ、そんなことないです。俺なんか全然……」
 恐らく俺の緊張を和らげるためだろう。川中さんは撮影前からひっきりなしに話しかけてくれた。

 やがて室内に人が集まり出して、カメラマンやノートパソコンを持った人、タイムキーパーらしきストップウォッチを持った人、それからいかにも監督って感じの髭面の人、他にも凄く綺麗でカッコいいお兄さんなどが川中さんの後ろに固まって立った。その中にはもちろん山野さんもいる。
 こんなに大勢の前で……。
 早くも勃つ気がしないが、いよいよ始まるんだと思うと少しだけ気が引き締まった。頑張るぞ。絶対。

「それじゃ、始めましょうか?」
 川中さんが言って、髭面の人に視線を向けた。スタッフ皆が首からネームプレートを下げている。髭面の男性のプレートには「二階堂」とあった。
 その二階堂さんが頷き、その頷きを受けたタイムキーパーの青年が「五秒前です」と声を張り上げる。

「──はい! それでは自己紹介をお願いします」
「はい」
 俺の視線は真正面の川中さんに向けられたままだ。斜め前からカメラが向けられているが、そっちは見なくていいと予め言われている。
「亜利馬です。十八歳、B型。よろしくお願いします」
「亜利馬くん、つい二、三か月前は高校生だったってこと?」
「そうです。頭悪いけどギリギリ卒業できました」
「頭悪いの?」
 川中さんが笑ってくれて、俺も笑った。
「高校では部活とかやってたのかな?」
「三年間、帰宅部でした。今思うとスポーツやれば良かったなって。青春ぽいことしてないんですよ」
「そっか。それじゃ遊びまくってたとか?」
「全然。帰ってゲームばっかりしてました」
「ギリギリ卒業だもんね」
 良かった。何とか上手く受け答えできてる。

「次はちょっと踏み込んだこと聞きますけど。亜利馬くん、彼女とかは?」
「いません。いたこともないです、男子校だったし」
「女の子が嫌いってわけじゃないんだよね?」
「もちろん、可愛いとは思いますけど……身近にいなかったので何とも。あ、かといって男に惚れたこともないですよ」
「じゃあ、エッチしたこともないのかな?」
「ない、です」
「してみたいと思ったことはある?」
「……うーん」
 ちょっと汗が出てきた。──こんな質問、受け取った紙には書いてなかったぞ。