亜利馬、初めての撮影でヤバいことになる

 翌日。獅琉と一緒に例のビルの会議室へ行くと、そこには既に潤歩と山野さん、それから初めて見る顔の二人がいた。

 獅琉がその二人に気付いて声をあげる。
「あっ、大雅に竜介りゅうすけ! 昨日はどこ行ってたんだよ、新人くん紹介したかったのに」
「悪かった。大雅に誘われて、ちょっと出掛けてたんだ」
 苦笑で答えたのは、潤歩とはまた違うタイプのワイルドな人だった。座っていても分かる体の大きさ、逞しさ。無造作に振り乱した、焦げ茶色の肩まである髪。甘い顔立ち。低いのによく通る声。
「亜利馬。この人は俺達のグループで最年長の竜介。二十三歳ね」
「よ、よろしくお願いします……」
「よろしく。なかなか画面映えしそうな新人だな」
 低音ボイスで褒められて、若干赤くなってしまう。

「そんでもってこっちの大人しい方が、大雅。亜利馬と同じ十八歳だけど、ちょっとだけ先輩だね」
「は、初めまして。亜利馬です、よろしくお願いします」
 金髪に白い肌。グリーンのカラーコンタクト。他の三人と比べると少し小柄で、だけど獅琉に負けないくらいの王子様って感じの整った、それでいて儚げな顔立ちだ。俺と同い年の大雅は相当大人しい性格らしく、俺に向かって小さく会釈をしただけで何も言葉を発さなかった。

「よし。ではこれで五人揃ったな。みんな座ってくれ」
 スーツに眼鏡の山野さんが静かに言って、俺と獅琉も席についた。
「四人には前に説明した通りだが、今日から新人としてデビューが決まった亜利馬を加えて、お前達計五人で新しいグループを作る。グループ名は『ブレイズ』だ。当面のリーダーは獅琉に決定した」
「トップモデルの売れっ子は違いますな」
「へへ」
 潤歩に肘を突かれてはにかむ獅琉。

 山野さんが手元の書類を捲りながら続けた。
「メインレーベルで『ブレイズ』のシリーズを五月中に一本リリースする。第一弾は全五話のオムニバス形式で、一人一話ずつメインモデルとなって出演してもらうことになった。それぞれの内容は未定だが、一本目だから恐らくそこまでハードなものにはならないだろう」
「『ブレイズ』以外のシリーズにも出ていいのか? 俺は『監禁凌辱』の第三弾に出る話があるって聞いたが」
 竜介が山野さんに問うと、無表情のまま山野さんが頷いて言った。
「問題ない。撮影のスケジュールが決まったら教えてくれ。──確か、大雅も一本出演が決まってたな」
「……ボーイズレーベルで、『放課後即ヌキ部』ってやつ。……来週から撮ると思う」

「………」
 監禁凌辱。放課後即ヌキ部。……タイトルだけで妄想が膨らんでしまい、天井を見上げて小さく深呼吸を繰り返す。
「亜利馬、大丈夫? 鼻血出そう?」
「だ、大丈夫です」
「それから、亜利馬」
 急に名前を呼ばれてハッとし、俺は即座に返事をした。
「は、はいっ!」
「お前の撮影はこの後だ。デビュー作の一話目に入れる自己紹介インタビューとオナニーの撮影が一本ずつ。本番の撮影はまた日を改めるが、相手役は獅琉と潤歩の予定だ」
「わ、やった! よろしくね亜利馬」
「はあぁ? 何で俺が……クソッ!」

 獅琉と潤歩。この二人と、俺は。

「っ……! ……、……!」
「亜利馬、鼻血垂れてる!」
「きったねーなぁ、てめえ! ティッシュ使え、オラ!」
 慌てる俺達三人を、竜介と大雅、それから山野さんが茫然と見つめていた。