第1話 リヒトとコウヤ -2-

 理人に拾われ、この仕事を始めて五年になる。
 五年前に不幸な事故で両親を失い、その身一つで東京の地を踏んだ俺はまだ十四歳だった。どういう心境だったのかは思い出せないが、僅かな小銭を手にただぼんやりと電車に乗った記憶だけは鮮明にある。
 夜の零時過ぎ、いかがわしいネオンの下を歩く痩せた子供を気にとめる者は一人としていなかった。


 具体的な身の振り方を考えていた訳でも、途方に暮れていた訳でもない。両親を失ったこと自体はショックだったが、一人でも生きていける自信は充分にあった。
 とは言っても無一文に近いままでは今夜の夕食にすらありつけない。金を借りようにも十四歳という年齢ではどんなに悪徳な金融会社でも相手にしてくれないし、まさか交番で借りる訳にもいかない。
 考えながらも猥雑な夜の街を歩く俺の目は、既に一件のビルを捉えていた。
 そのビルの四階にある、古びた小さな雀荘。まともな人間が集まるような雰囲気ではないが、却って俺には好都合だった。間違っても保護されたり、警察に通報されることはない。


 麻雀の腕は素人に等しかった俺がそこそこ勝てたのは、相手の牌が見えていたからだ。勿論実物を目で見るのではなく、集中するとイメージのようなものが頭の中に浮かんでくる。アガリ牌だけでなく望めば牌の全てが見えたから、俺はそれに合わせて自分の牌を並べればいいだけの話だった。
「ガキのくせにやるなぁ」
 絵に描いたような強面の男達の顔から笑みが消えた頃、俺は今後数週間は楽に生活ができるほどの金を得ていた。頃合いを見て卓から離れた自分に男達の憎悪が向けられているのは分かっていたし、尾行されていることにも気付いていた。
 最悪の場合は拉致でもされるだろうか。


「なぁ、待てよ」
 結局その想像が実際に起こってしまったのだが、それでも最悪という訳ではなかった。
「偉く腕のたつガキだな。その理由を教えてくれれば、幾つか仕事も紹介するぞ」
 それが当時二十四歳の壮真理人だった。