告白 -2-

「あ……」
 そのまま前後に擦られる。雀夜の硬い男の証で、俺の熱くなったそれが、下着越しに……。
「雀夜も勃ってる……? 俺、ちょっとしか触ってなかったのに……なんで……」
「………」
 腰を前後させてそれを擦り合わせながら、雀夜が俺の両方の乳首を指で揉んだ。
「んやっ……ぁ、あっ……」
「お前の声とその顔見てたら、いつの間にか勃起してたわ」
「ほ、ほんとにっ……」
「もっといい声出してみろ」
「あぁっ……。や、ぁっ! 雀夜っあ……!」
 親指と中指で乳首を摘ままれ、更に上から人差し指でくりくりと転がされる。熱くって気持ち良くて、自然と俺の腰も動いてしまった。


「今日は小便漏らす必要はねえよ。してほしいこと、何でもしてやる」
「な、何でも……?」
「何でも、だ」
 雀夜がニヤリと笑って、片手で俺の下着を少しだけずらした。もう片方の手は、まだ俺の乳首を弄っている。
「さ、雀夜……。俺の、いっぱい擦って……」
 太股まで下ろされた下着をそのままに、雀夜の手が俺のぺニスを隙間なく包み込む。
「う、あぁっ……あんっ」
 気持ち良すぎてどうしようもない。半端に下ろされた下着のせいで足が開けないのに、その不自由さがまた、堪らない。


「き、気持ちいっ、雀夜っ……あっ、あ、あっ……!」
「擦るだけでいいのか? 口は使わせねえつもりか」
「や、あっ……、し、して欲しっ、……」
「エロガキ」
 ずらした俺の下着を脚から抜き、雀夜が体の位置をずらして俺の股間に顔を落としてきた。
「ふあっ、あ……!」
 蕩けるような甘い快感──頭の中がぼんやりしてしまう。俺は震える手を雀夜の頭に伸ばし、その柔らかな黒髪に触れた。
「はぁっ、あ……雀夜あっ……」
 根元から先端をゆっくりと舌で撫で、更に先の穴にも舌を這わせる雀夜。先走りの体液を啜る音はいやらしかった。俺のそれは体液と雀夜の唾液とでぬらぬらと光り、まるで喜びに打ち震えているかのようだ。


「雀夜、もう俺、幸せすぎてっ、あっ……」
「早いな。また自分だけイく気か?」
「違……、あぁっ!」
 雀夜が俺のそれを咥え、更に立てた中指を俺の入口に突き立ててきた。浅い部分を探る動きはじれったくて、だけど同じくらい心地好い。


「い、挿れてっ……もう我慢できね……」
「いいぜ。俺が上乗るか?」
「き、今日は……俺が」
 ゆっくりと体を回転させて、雀夜の上に馬乗りになる。腰を浮かせ、屹立した雀夜のペニスを自身の入口にあてがうと、快感の波がじわじわと押し寄せてくるような感覚に陥った。
「……あ。さ、雀夜……ゴムしてない……どうしよ」
「今日だけ、だ」
 ここまできて中断するなんて、俺も雀夜もできる訳ない。多少の不安はあったけど、何となく雀夜と直に繋がることができるというのは嬉しかった。


「大量に中出ししてやる」
「いいよ。俺雀夜の赤ちゃん欲しい」
 馬鹿なことを言いながら、それでもどういう訳か、俺は本気だった。これで雀夜との子どもが出来たらどんなに良いだろう。結婚して、一緒に子育てして、孫に囲まれながらの幸せな老後を雀夜と過ごして……。俺達がもっともっと未来に生まれていたら、そんな結末もあり得たんだろうか。


「う、ぁっ……!」
 上から咥え込む形で、雀夜のそれを迎え入れる。痛くて仕方ないのに、流れてるのは幸せの涙だ。
「さ、雀夜……」
「ん……?」
 俺の腰を支えながら、雀夜が俺を見上げた。
「生まれ変わって、もしさ……。俺と雀夜が普通の男と女だったら、結婚してくれる?」
「確証のないことは約束できねえ。俺は来世なんて、信じてねえし」
「……だよ、ね。あぁっ……!」
 根元まで俺の中に収まった雀夜のそれが、下からゆっくりとした動きで突き上げてくる。体が揺れ、俺は雀夜の胸元に両手をついて唇を噛んだ。


「──けどよ、桃陽。来世じゃなくても、男と男でも、結婚できなくても……関係ないんじゃねえか?」
「えっ……? な、何が……?」
 言葉の意味を図りかねて訊き返すと、雀夜は少しムッとした顔になった。
「もう言わねえ」
「やっ──あっ、あ……!」
 シニカルな笑みを浮かべながら、雀夜が意地悪く俺を突き上げる。奥深くに到達する度、俺は背中を仰け反らせて泣きながら喘いだ。