大凶 -6-

 しゃくりあげる俺を見て、雀夜が小さく溜息をついた。
「自分を貶すようなことは言うな、って意味だ。お前は明るくて元気で周りを癒す力を持ってるだろうが。俺とは正反対だ。それに……」
 雀夜の指が俺の頬から離れ、代わりに頭を撫でられた。後頭部に回された手が、そのまま俺を雀夜の胸へと導く。
「それにお前は、自分で思っているよりも……綺麗だ」
「………」
 胸に押し付けられた耳から、雀夜の鼓動が伝わってくる。
「だから自分を貶すな。うるさくて鬱陶しい、それが桃陽だろ」
「……好きでいても、いいってこと」
 雀夜の腕に力が入った。
「諦めらんねえんだろ」
「……うん」


 力無くそれに頷くと、雀夜はほんの少しだけ笑って、宥めるように俺の頭を軽く叩いた。
 そして……


「諦めきれねえんだったら、俺もお前を好きになりゃあいいんだな」
「えっ? ……で、でも……」
「まぁ、そうなるかどうかはお前次第だけどよ」
 ……こんな時でも雀夜は厳しい。軽はずみに俺の気持ちを受け入れるなんてことは絶対にしない。
 だけどこれはチャンス。雀夜が俺に与えてくれた、一種の賭けのようなもの。
 諦められないなら、好きにさせてみろ──。


「……雀夜」
 俺は伸ばした手で雀夜の腰に触れた。
「……ん?」
「好きな男とするセックスは、たぶん他と比べ物にならないくらいに満たされるんだろうね」
「そうか? 全部同じだろ」
「違うよ。絶対に違う」
「試してみるか……?」
 雀夜の手が、俺の股間に触れる。互いのそれを撫で合いながら、俺達は鼻先僅か五センチのところで見つめ合った。


「んっ、あ……」
 下着の中に入ってきた雀夜の手が、焦らすような動きで俺のそれをくすぐる。俺は雀夜の愛撫に小さく身悶えながら、彼のベルトに手をかけた。
「桃陽。昨日の撮影のこと、幸城から聞いたぞ」
「あっ……。や、やっぱり……。松岡さん、怒ってた?」
 抜き取ったベルトをベッドの端に寄せ、続いてボタンを外し、ファスナーを下ろす。ぴったりとしたボクサーパンツの隙間から手を入れると、雀夜の体がビクリと反応した。俺の手が冷たすぎたんだ。


「怒ってねえよ。幸城もお前を心配してる。お前はどんなプレイでもできるなんて言うが、本当は嫌だったんじゃねえか、ってな」
「そんな、ことないっ……あぁっ」
 先端を指でねっとりと捏ねられ、思わず大きな声が出てしまった。
「嫌なことは嫌だと言え。お前には言う権利がある」