うまくいかない -3-

「……嘘だ」
 必死にそれを否定する。そんな馬鹿なことがある訳ない。事実、さっきまで俺は喘ぎ乱れ、あんなに興奮していたじゃないか。多少の演技はあったけど、気持ち良かったことには変わりはなかった。
 じゃあどうして、松岡さんは……
「桃陽」
「っ……!」
 開け放たれていた浴室の扉。そこに、いつの間にか腕組みをした松岡さんが立っていた。
「お、お疲れ様です……。見ないでくださいよ、恥ずかしいな」
「今回の撮影、何か感じるものがあったか?」
 意味深な台詞を投げかけられ、俺は怒られる覚悟を決めてシャワーを止めた。全裸のまま、松岡さんと向き合う。


「俺、……自分でも、分からなくて……」
「何が分からない?」
「……逆に、松岡さんは何が駄目だったと思いましたか」
 しばしの沈黙があった後、松岡さんがゆっくりと口を開いた。
「俺には、桃陽のプレイがどうも淡泊な感じに見えた。実際初めての絡み撮影だから、多少の緊張や、想像と違う部分なんかもあったかもしれねえ。だけどそれを別としても、桃陽らしくないと思った。雀夜が認めた男、ってほどでもねえ……そう思った。こんなんで売り専のナンバーワンだったのか。ってな」
 ……やっぱり。松岡さんは気付いていたんだ。


「何か気付いたこと、感じたことがあるなら言ってくれて構わない。それを加味して企画を練るのが俺らの仕事だからな」
 それが許されるならば……
 俺は濡れた手で頬を擦り、松岡さんから視線を逸らした。
「……俺はあの日雀夜とセックスして、知ってしまったんだと思います……。他の人とはどうやってもあれ以上の領域には行けない。できると思ってた。相手が誰でも、俺なら心から楽しんでてきると思ってた。だけど……」
「相手が雀夜じゃなきゃ、やる気でねえってことか?」
「そんなことは……」
「無意識のうちに、他の男を雀夜と比べてるってことか」
 ぎゅっと目を閉じ、頷いた。松岡さんが溜息をつく。


「惚れるのは勝手だが、仕事に私情を挟むな。確か俺、お前にそう言ったよな?」
「……はい」
「少し頭を冷やせ。それで、今後について考えろ」
 踵を返し、松岡さんが浴室を出て行った。
「……っ……。う……」
 俺は複雑な思いに耐え切れず、声を押し殺して唇を噛んだ。