それから -3-

「対等じゃねえな。お前も出せ」
「そ、そんないきなりっ、……!」
 それを握りながら身を起こした偉音に、俺の心臓が跳ね上がる。次に何をされるのか予想出来てしまったからだ。
「い、いいって。そんなの、しなくて──うあぁっ!」
 食らいつくように頬張られ、滑稽なほど腰が痙攣してしまった。前に一度クラブでされた時と同じ……いや、気持ちが入っている分、それ以上の衝撃だ。
 偉音の唇、舌先、それから唾液と舌の付け根が、一度に俺を攻め立てる。熱くて心地好くてずるずるに溶けてしまいそうなほど、その愛撫は神がかっていた。


「い、偉音っ、……偉音! あっ、……やだ、ぁ……ああっ!」
 逃れるように腰を捻っても、偉音の愛撫はそれを許してくれない。それどころか強く腰を押さえ込まれ、両の腿を担ぐようにして固定され、どんなに身を捩ってもビクともしない状態にされてしまった。
「だ、駄目だってば、あぁっ……!」
 卑猥な音を立てて偉音が俺の先端をしゃぶり、吸い上げる。
「そんな、の……耐えられなっ……!」
 ぼろぼろと零れる涙を拭いながら、俺は偉音に訴えた。
「い、偉音、っ……もう俺、イきたいっ!」
「ん、……」
 そこでようやく偉音がそれを口から抜いてくれた──と思ったのは束の間で。恥ずかしい形に屹立し、体液に光る先端に偉音の舌先が押し付けられた。

「う、ぁ……」
 偉音の鋭い目で見つめられながら更にそこを舐められるというのは、視覚的に物凄くクるものがあった。
 比較的刺激に弱い割れ目のところを舌先でくすぐられ、裏側を親指の腹で強く擦られる。それだけで腰から身体中にゾクゾクとした刺激が走り、俺は堪らず声を張り上げた。
「そ、それやだ、あぁっ! ムズムズするっ……!」
 何度もかぶりを振り、偉音の短い髪に指を絡める。それでも許されることはなく、何度も何度も弱点を攻められるうちに俺は、……偉音が何をしようとしているのか気付いてしまった。
「い、偉音──」
 そんな部分的な刺激だけでは射精まで至ることは出来ない。
 ……だからきっと偉音は、俺に「別の何か」を出させようとしているのだ。


「ち、ちょっと待って。そんな、っ……や、……!」
「今更だろうが」
「そういう問題じゃねっ……」
 より一層、偉音が舌と指の動きを強くする。意識してしまったらもう駄目だった。下腹部から腰、そして性器に……「あの時」と同じ感覚が迫ってくる。
「あ、あぁっ……! 偉音っ、……もう俺っ、む、無理っ……放して、っ……!」
「構わねえよ」
「う、ぁ……! で、出る……!」