第8話 -2-

 伸ばしていた左脚の膝を曲げ、脛をポールにつける。この状態でまた手を離し、優雅に広げて、鳥のように──
「っ、……!」
 右膝の裏でポールが擦れる感覚があって、ずるりと体が落下した。
「亜蓮、落ちるよ!」
「………!」

 下にマットは敷いてあるが、肩や腰、腕を強打したら今夜のステージに支障が出る。咄嗟に受け身の体勢を取ろうとした、が──
「わっ」
 俺の体は床に落ちることなく、途中でぴたりと停止した。
「あぶねえ……ギリギリセーフ」
「こ、皇牙っ……?」
 正確には落ちる途中で皇牙の腕に支えられ、そのまま横抱きにされていたのだ。

「あ、……」
 顔が近い。
「大丈夫か、亜蓮」
 声が、視線が、近い──。

「……だっ、大丈夫。降ろしてくれ」
 床に降りた俺は皇牙に背を向け、別の意味で額に浮かんだ冷や汗を手の甲で拭った。
 何故こんなに緊張しているんだろう。皇牙とはもう、あんなことまでした仲なのに……
 これまで一度寝た相手には遠慮がなくなって、卑猥な冗談や軽口を叩いていた俺。だけどどうして皇牙にだけ、どうして……こんなに胸が高鳴ってしまうんだろう。

「亜蓮、顔赤いよ」
「あ、ああ。少し色々と……焦ったから」
 ステラが俺の正面に回り込み、真っ赤になった俺の顔をジト目で見上げる。
「………」
「何じっと見てんだよ……」
「顔赤いから」
「だ、だからこれはっ……」
 慌てる俺の頭を後ろからがしがしと撫でてきたのは皇牙だ。
「亜蓮もポールから落ちることがあるんだな!」
「ひ、人をサルみたいにっ……」
 俺の気も知らず呑気に笑う皇牙。

 心臓は未だ高鳴っていた。……激しく、だけど少しだけ心地好く。