第5話 -5-

 午後九時──

「あ、いたいた! 貴方が噂のチェーン・ストリッパーね。思ってたよりもずっと若いわ。それにずっと美しくて美味しそう! いやだぁ、とってもキュート」
「………」
 金髪で巨乳で赤いドレスにハイヒール……だが、俺よりずっと大柄でどう見ても男にしか見えないインタビュアーにマイクを向けられ、俺は顔を引き攣らせながら「はあ」とだけ答えた。

「突然彗星のごとくダチュラに現れたって聞いたわ。ここに来る前もダンサーの仕事を?」
「一応……多分」
 間近で何度もシャッターが切られる。角度を変えて何枚も、何枚も。

「お名前は亜蓮くん、でいいのよね。チェーン・ストリッパーと呼ばれる理由となったその首輪の鎖について、お聞きしても良いかしら?」
 今となってはそのきっかけも、何故付けているかの理由も分からない、この鎖。分からないけどどうしても外したらいけない気がして、今日も結局付けている。

「これは貴方のアイデンティティ? 何か秘密が?」
「……いや、ただカッコいいと思ってしてるだけ」
「率直な答えね、ありがと」

 その後も皇牙との関係や前の仕事のことを質問されて、返答に困る部分に関しては適当に話を合わせておいた。事前に皇牙からインタビューが来ることは知らされていたが、全部適当でいいと言われていたからだ。別の新宿から来たなんて言えば、話は更にややこしくなる。

「ありがとう。今夜もナイスダンスを期待してるわ。──あ、最後に一つだけ。貴方のストリッパーとしての、今後の目標は?」
「………」

 ストリッパーとしての目標。
「……そうだな。人生を懸けて」
 俺が踊る理由。

「一つでも多く、まともな孤児院が建てられれば。それで」
「は、はぁ?」