第4話

「……ん」
 目が覚めた時、そこは皇牙の部屋のベッドの中だった。ここに初めて来た時に寝かされていたのと同じベッドだ。俺はまた気を失ったのか?

「亜蓮、起きたら顔洗って歯を磨け」
 ドアから顔を覗かせた皇牙の口には歯ブラシが突っ込まれていた。外は薄暗いが、時計を見る限りどうやら朝になったらしい。
 昨日はステージに上がって、皇牙の手で発散させてもらって、それから……
「あれからぶっ倒れて泥のように眠ってたんだ。疲れたんだろ、無理させたしな」
「……それで、また運んでくれたのか」
「放置しとく訳にも行かねえだろ」

 ベッドを降りて洗面所へ行き、言われた通りに顔を洗った。用意されていた俺の歯ブラシを使って歯を磨き、ぼんやりと目の前の鏡に顔を写す。
 ここへ来てまだ二日目なのに、何だか物凄く疲れているみたいだ。
「終わったら台所へ来い。朝飯の準備ができてる」
「あ……」
 言われて気付いた。昨日は殆ど何も食べていなかったんだ。食べずにあんなに体力を使って、疲れるのも無理はない。

 皇牙と向かい合ってダイニングテーブルに着き、ベーコンエッグとパンケーキ、ミルクにサラダといういかにも朝食らしい朝食をとる。
 寝室の他にリビングがあって、キッチンがあって……1DKといったところか。悪くない間取りなのに、キッチンのコーディネートもカラフルでごちゃごちゃだ。冷蔵庫もテーブルもステッカーまみれ。使っている皿にも統一感がなく、俺のパンケーキが乗ったプレートはニコニコ顔のクマの形をしていた。明らかに幼児が使うものだ。

「子供がいるのか……?」
「だいぶ昔結婚した男との間に、養子縁組した子供が一人な。今は離婚して向こうは実家で暮らしてるよ」
「ここは、男同士でも結婚できるんだ……」
「当然だ。お前がいた新宿ではできねえのか?」
「出来る国もあるけど、俺が住んでた日本ではそういう法律はなかった」
「面倒臭せえな、個人の結婚の権利なんて法で縛るモンじゃねえだろ」
 俺は苦笑してパンケーキにナイフを入れた。例え今までいた日本で同性婚が許されていても、俺は誰ともできなかっただろうな、と思う。

「……ライはどうしたんだ?」
「さあ、自分の家で寝てるんだろ」
「一緒に住んでるのかと思った。あんたの新しい旦那なのかと」
「よせよ、あいつとは何もねえ。ただの仕事仲間だ。……それより、亜蓮」
「なに?」
 皇牙が笑って、テーブルに頬杖をつく。
「正式に俺の店で働かねえか。ダチュラの専属ストリッパーになって欲しい」
「………」
 いやに甘いパンケーキだった。シロップをかけない方が、逆に美味い。

「昨日の盛り上がりを覚えてるだろ。お前は突如ステージに現れた『チェーン・ストリッパー』だってよ。鎖を引きちぎって脱走してきた仔犬ちゃんだって、ナイトニュース専門の新聞にも載ってる」
「あんたに扱かれたのはしっかり覚えてる」
「ああ、あれも盛り上がった……じゃなくて、仕事の話だっ」
 小さく笑って、俺はミルクを口に含んだ。