プロローグ

 素肌を滑る銀色のチェーンは、まるで俺をこの世界に縛るための鎖のようだ。冷たくて無機質で素っ気ない、いつもの感触。これに慣れてからもう何年経つだろう。

「出番だ亜蓮あれん、準備しろ。──亜蓮!」
「うるせえな、聞こえてる」
 ブーツのファスナーを上げた俺は、今日も薄汚れている狭いステージを見てうんざりしながら溜息をついた。昨日と同じ今日の始まり。そんな言葉が頭に浮かんで、つい舌打ちが出る。
 客席にいるのはソファで酒を飲んでいる二人組。酔っ払って寝ている太った中年。馬鹿笑いしているスーツの集団。ここにいる全員、誰もステージなんて見ていない。

「もう少し笑ったらどうだ。それだけ美人なんだからよ」
「……どうせ誰も見てねえなら、笑い損だろ」
 口の中で呟くと、禿頭とくとうの支配人が俺の首輪から伸びた鎖を握って強引に上を向かせた。
「お前が脱げば酔っ払いも目を覚ますさ。せいぜいエロい体を見せて、今日も適当な男から飯代をせびるんだな」
 ……どんなに薄汚れていても目を閉じれば、目蓋越しに感じる光はいつでも美しい。それなのにどうして目を開けて見る現実はいつも、悲しいほど暗く落ち込んでいるんだろう。
「ストリップは数をこなして稼ぐしかねえからな。……まあ、お前の場合はセックスでそれ以上に稼いでるか」
「………」
 俺の価値も同じだ。薄闇の中で見れば輝いていても、明るい陽の下では悲しいほどに暗く落ち込んで見える。
 周りにあるのは、この体と引き換えに手に入れた「金」と「男」。若さという武器を失くせば一瞬で消える、不確かなものだけだ。

 こんな人生を送るはずじゃなかった。自ら飛び込んだくせに、思わずにいられない。
「ほら、行け亜蓮。適当でいいから脱いで踊って来い」
 抜け出したい。本当は。
 こんな世界、抜け出したい──!

 *

「………」
 目を覚ました俺の視界に広がったのは、全く見覚えのない部屋だった。知らない映画のポスター。壁にはめ込まれた大型モニター。天井でゆったりと回るファン。
 八畳ほどの広さがある部屋は何だかコーディネートがごちゃごちゃしていた。壁紙は黒地にグレーのストライプ。薄紫色のラグ。カラフルなクマやウサギのぬいぐるみに、どこから盗んできたのか道路標識らしきガラクタまで……。
「……どこだ、ここ……」
 俺はそんな部屋の隅にあったベッドで寝ていた。黒いシーツは柔らかく、体にはお揃いの黒い布団がかけられている。