第12話 「ふたり」 -5-

「彰星、目が潤んでるな」
「……あ、……早く、欲しくて……」
「何が欲しい?」
 天凱さんの体が俺の上に倒された。濡れた屹立の先端をぴたりと尻の入り口にあてがわれ、耳元でいやらしく囁かれる。

「全部聞かせろよ、お前が思ってること」
「んっ、……や、……天凱さんの、硬くなった……ペニスを、……」
 俺は彼の首に両腕を巻き付けてしがみつき、ねだるように腰をくねらせた。
「俺のお尻に、挿れて下さい……。いっぱい、突いて……二人、で……気持ち良くなりたい、です……」

 切れ切れに訴えながら鼻を啜り、上目に天凱さんを見つめる。
 体中が疼いて熱くて、──

「あっ、あ……!」
 ──気持ち良くて幸せで、深く優しく満たされて行く。
「彰星っ、……痛くねえか、彰星」
「んっ、あ……! 凄い、です……! 天凱さん、大っきぃ、……!」
「彰星──」
「お、俺の奥まで、……届いて、ます……! あっ、あんっ……や、あぁ──!」

 激しく前後する天凱さんの腰に、持ち上げた両脚でしがみつく。俺は荒い息を繰り返す天凱さんの頬に、耳に、何度も何度も口付けを繰り返した。

「ひ、あぁ……あんっ!」
 体と体がぶつかり合う音。
 獣のような二人の呼吸音。
 天凱さんが俺を突き上げる度にベッドが揺れ、かけがえのない歓びに体が痙攣した。

「は、あぁっ……! もう、俺……無理ですっ……」
「俺も、……」
「天凱さん、……お願いっ、……お願い」
 見世じゃないからスキンを着けていない。それについて天凱さんが何も言わなかったのは、きっと俺と同じ気持ちだったからだ。

 何にも遮られず繋がり合いたいという、ただ一人心を許した愛しい人への気持ち。言葉にせずとも感じている互いの信頼と、この人のためなら命さえ預けられるという揺るぎない確信。

「出すぞ、彰星っ……」
「ふ、あ……ああぁっ!」

 一つになって、混ざり合って溶け合って、優しい口付けで迎える絶頂後の陶酔感──俺達は至近距離で互いの瞳を見つめながら少しだけ笑い、汗で湿った肌を重ねて抱き合った。

「……彰星。一つ、謝らなければならないことがある」
「な、何ですか?」
 乱れたベッドの上。冷たいお茶を出してくれた天凱さんが、バツの悪そうな顔で俺に言った。
「キモノを脱がしたのは良いが、……着せ方が分からねえ」
「えっ。お、俺も分かんないですよ。てっきり天凱さんが着付けてくれるのかと──」
 肩に羽織っていたキキョウのキモノをぎゅっと掴み、俺は驚愕の表情で天凱さんを見上げた。俺のキモノはこれしかないのだ。そろそろ屋台に戻らないといけないし……どうしよう。

「まあ、待て。ちゃんと着付けはしてやる」
「だ、誰かを呼ぶとか……?」
 不安に駆られてそう言った時、下の階で一ノ瀬堂の引き戸が開く音がした。
「天凱、いるの?」
 女の人の声だ。二階へ続く階段の下から声をかけているらしい。

「天凱」
「……ど、どなたですか。まさか……」
 心臓が早鐘を打ち、俺は意味なく中腰の体勢になりながらキモノで体を包み込んだ。

 天凱さんの名を親し気に呼ぶ、女の人の声。
 もう間違いない。

「いるよ、お袋。上がって来てくれ」
「て、てて、天凱さんっ!」