第10話 しあわせ -4-

「彰星……」
「お、お返しです……。俺だって、やられっぱなしじゃないですからね……」
 天凱さんが苦笑したのを確認してから、俺は天井を向いていた体を彼の上でうつ伏せにさせた。……多分この場合、こうした体勢の方がやりやすい。
「ん、ん──大っきい、です……天凱さん……男らしくて、……」
 たっぷりと唾液を絡めながら舌を動かし、先端から溢れた蜜を啜る。口いっぱいに咥え込んで何度も頭を上下させる。全ては天凱さんが教えてくれたことだ。俺がされて気持ち良いことを、大好きな彼に返しているだけ。

「可愛いが、……悪い子だな。お仕置きとご褒美を同時に与えてやりてえ気分になる」
「んん、っ……う、……!」
 突き出されていた俺の尻に天凱さんの指が押し当てられた。むずむずして腰がうねり、はしたないと分かっていても──目の前にある彼の男の証が、欲しくて堪らない。
「お願い、です……天凱さん、我慢できませんっ……」
「最高の台詞だ。俺のツボが分かってきたようだなぁ」
「ん、……!」
 照れながら笑う俺の尻を撫でて、……天凱さんがとんでもないことを言った。
「自分で跨って挿れてみろ。俺の上で腰を振るお前が見たい」
「そ、そんなっ……」
「頑張れ。愛してるぞ、彰星」
「お、俺も愛してますけどぉ、……」
 今夜だけでだいぶ恥ずかしい思いをしたから、今更もう何を晒したって構わないけれど。

「ん、……あんまり、見ないで下さいね……」
 乱れたキモノを脱ぎ捨てて覚悟を決め、俺は天凱さんの上へ再び跨った。上を向いた屹立の先端を尻にあてて、少しずつ腰を落として……
「あ、あ……」
「まさに呑み込まれて行く、っていう感じだな。お前に俺のペニスを食われているみてえだ」
「は、恥ずかしいこと、言わないで……下さいっ……」
「絶景だぜ、彰星」
「だ、だだ、だからぁっ……!」
 俺の顔は真っ赤っかになっていたと思う。天凱さんのことは大好きだけれど、この意地悪にはまだまだついて行けそうもない。

「んっ、ん……あ」
「ほら、好きな所にあててみろ。どこが良いのか教えてくれ」
 天凱さんの逞しい胸板に手をついて、俺は必死に腰をくねらせた。上になっているのは俺の方なのに、体の中をじっくりと探られているみたいだ。
 腰の動きに合わせて、呼吸が激しくなる。
「はぁっ、あぁ……! あっ、……駄目、な所……!」
「ここか」
「あぁっ──、や、あっ!」
 白状した途端に体を倒され、身を起こした天凱さんが俺の上に覆い被さってきた。

「て、んがいっ、さんっ……! ああぁっ、嫌っ、ぁ……!」
 蹴った掛け布団が畳の上を滑り、枕が行灯にぶつかる。我慢できない快感に体が悦びの悲鳴をあげ、彼のために大きく開いた内股がビクビクと痙攣した。
「彰星っ、……」
 上から降ってくる天凱さんの汗。その一粒一粒さえもが、愛おしい──。