第14話 ご主人との大切な思い出 -3-

「こ、幸次郎……。何も、こんな時にしなくても……」
「こんな時だからこそだろ。いつもと違う部屋とベッドって興奮するじゃん」
「そ、それならどうして部屋を分けなかったんだっ……。他の皆に聞かれたら……」
「聞こえないって、壁厚そうだし……涼真がでかい声出さなければ、さ」

 ……全然聞こえてますよ、幸次郎さん!
 心の中でこっそり声をかけたが当然伝わるはずもなく、二人は壁の向こうの寝室でどんどんエスカレートしているみたいだ。

「涼真、……お前の灼けた肌を見ていると俺は……」
「あ……さ、触るな……ヒリヒリする……」
「気持ち良くなれる薬を塗ってやるよ、涼真くん」
「……せ、……先生……クソ、……あっ……」

 ──今日はお医者さんプレイなのかもしれない!

 俺は突如始まった二人のイメクラワールドに動揺しつつ、ちゃっかりと聞き耳を立てていた。膝のタブレットは同じ画面が表示されているままだ。聞いちゃいけないのにドキドキして、冷えた部屋なのに汗が噴き出てきてしまう。

「気持ち良くなれるお薬ってなんだろ? 俺も分けてもらいたいなぁ」
「多分、冷却ジェルか何かだろ。日焼けした所に塗るんじゃねえの」
 しれっと会話している炎珠さんと刹は、隣の部屋の睦言を聞いてはいても全く動じていない。
「なるほど。……でも何で『先生』なんだろ?」
「薬を塗るからじゃねえのか。そういうプレイなんだろ」
「ふうん……」
 何かを考えるように目を細める炎珠さん。……何だかとても嫌な予感がする。

 そして──

「那由太っ! 診察してあげるからベッドに行こうね!」
「や、やっぱり! ──俺はいいですよ、どこも悪くないし痛くもないですからっ」
「そういう思い込みが一番危険なんだよ。それにほら、那由太の肌も水分補給しないと。日焼け用の保湿ジェルいっぱい塗ってあげる」
「医者の言うことは聞かねえとな?」
「せ、刹っ──」
 軽々と刹に抱き上げられ、寝室に運ばれてしまう俺。幸次郎さん達のお医者さんプレイに触発されるなんて、俺のご主人達は大人なのに単純過ぎる。

「はい、那由太くんシャツ脱いで胸を見せて下さいね」
 ベッドに降ろされた俺は後ろから刹に抱きしめられた状態で、いやいやと首を横に振った。
「や、やです……、恥ずかしいです炎珠さんっ、オーシャンビューの綺麗な部屋でこんなっ……」
「俺は『炎珠先生』だよ?」
「え、炎珠、せんせぃ……」
「ふああぁ、いいねその響き。……仕方ない。那由太くんは恥ずかしがり屋だから、刹先生にお手伝いしてもらおうか」
「こういうプレイは慣れねえんだけどな。ほれ、万歳しろ」
 俺の耳元で刹が低く笑う。

「……うう、何か凄く恥ずかしい……」
 後ろから刹の手でシャツを脱がされ、四つん這いになって身を乗り出す炎珠さんの前に俺の胸があらわになった。
「……ふふ。那由太くんの乳首は色も綺麗で可愛いね。気持ち良いのを期待してるのが分かるよ」
「ふ、……あ」
「でもまだ食べごろじゃなさそうだね。まずは違うところからジェルを塗ってあげる」
 炎珠先生が手のひらに落とした保湿ジェルを、俺の腕や肩に塗って行く。ぬるぬるした感触だけど、空気に触れているうちに乾くタイプのジェルだ。

「………」
 肩と腕、脇腹、薄い胸板。……触れて欲しい所には、まだ触れてくれない。