第12話 にゃん太と秘密のお菓子 -4-

 刹に突かれるたび腰が揺れ、揺れるたびに炎珠さんの舌が絡んでくる。
 ──あ、もうヤバそう本当に……。
「い、あ……イく、イッちゃ、う……!」
「出せよ、炎珠が全部飲んでやるって……!」
「んんっ、あ──飲んで、炎珠さんっ、……全部飲んでっ……!」
 ぎゅんぎゅんせり上がってくる欲望の体液が、俺の器官の一部に集まってくる感覚がある。

「イッ、──あ、あぁぁっ!」
「ん、……」
 炎珠さんの口の中に出してしまった精液……体が溶けるような快楽の中、俺はこの世で最大級の幸せを噛み締めながら熱い息を吐き出した。

「は、あぁ……」
まだ中に残った体液を一滴残らず搾り取るように、炎珠さんがちゅっちゅと俺の先端に吸い付いてくる。背後では刹が俺を強く抱きしめ、獣の息遣いで俺の中へ精を放っている。
「……大丈夫か、那由太……」
 意識は飛んでいない。刹の声もちゃんと聞こえているし、炎珠さんの頬が赤いのも見えている。

 俺はソファの背もたれに置いていた手を片方炎珠さんの頭に乗せ、汗だくになりながらもにこりと笑った。
「次は炎珠さんの番です」
「嬉しいけど……那由太は大丈夫?」
「大丈夫です……俺も、まだまだしたいから……」
 体は満足したはずなのに、射精したそばからまた疼き始めている。それに俺と刹だけイッて炎珠さんはおあずけなんて、ペットとしてあるまじき行為だ。
 いつでもご主人への愛は平等。与えてもらったら出来るだけお返ししたい。

「ありがと那由太、嬉しい!」
「ていうか」
 一人すっきりした顔で汗を拭いている刹を振り返って、俺は言った。
「炎珠さんが終わったら次はまた刹の番だよ」
「……は?」
「その後はまた炎珠さんね」
「……へ?」
「それが終わったら映画ナイトです!」
「こいつ、まだ酔っ払ってやがる……」

 一度冷めて温め直したハンバーガーでも、お腹が空いていれば美味しいご馳走だ。
「たるたるフィッシュバーガー、最高です!」
「俺のハワイアンチキンサンドはべちょべちょだ……」
「ていうか、眠くて……映画に集中できねえ」