第7話 にゃんタス記念日 -3-

「那由太の可愛いちんちんがふるふるしてるよ」
「やっ、あ……炎珠さん、そういうの、言わない、で……」
「泡で優しく洗ってあげるね」
「ふ、──あっ、あぁ……こ、擦ったら、ぁ……」
 たっぷりと泡を塗り付けられたペニスが、炎珠さんの手で前後にゆっくり扱かれる。泡の弾ける音と擦られる音とが耳の奥で混ざり合い、俺は潤んだ目で浴室の白い天井を見上げた。

「んっ、ん……あ、駄目、です……」
「今日は焦らしメインなのか?」
 なかなか手の動きを速めない炎珠さんに向かって、刹が問いかける。
「時間かけて愛撫してあげたいなって思ってさ。那由太はまだお尻の良さとか分かんないだろうし、取り敢えず確実に気持ち良いところ攻めてあげようよ」
「確実に、ね」
「せっかくの泡だから、刹も洗ってあげれば? ──那由太の気持ち良いところ」
 これ以上何をされるのか、不安と期待で心臓が破れそうだ。
「……せ、つ……」
「洗うのはともかく、まずはどこを舐めて欲しいか言ってみろ」
「やっ、……」
 薄い胸板の表面を、刹の舌が線を引くように這って行く。触れて欲しい所をわざと避けているのは分かっていた。
 炎珠さんも俺のペニスを握りながら、楽しそうに俺と刹を見ている。

「乳首、……舐めて欲しい、です……」
 消え入りそうな声でねだると、視線を伏せた刹が珍しく穏やかで優しい笑みを浮かべてくれた。そして──
「………」
「あっ……!」
 舌で撫でられるのかと思っていたら唇が被せられ、舐めて欲しいと言ったのに思い切り吸い上げられる。
「あっ、あ……んん、っ……!」
 すぐに硬くなってしまった乳首が舌で激しく転がされ、俺は壁に付けていた背中を反らせて刹の髪に指を絡めた。
 上と下を同時に愛撫されるのって、どうしてこんなに気持ち良いんだろう。この快楽に抗える人なんているんだろうか。

「あ、一気にちんちんも硬くなったね。那由太、乳首吸われるの好き?」
「あ……う、……好き、です……」
「じゃあ俺もしてあげるね。好きな時にイッていいよ、我慢できないと思うから……」
 反対側の乳首に炎珠さんの舌が触れる。何度も上下に弾かれて、啄まれて、優しく吸われる。
「や、あぁっ……! 両、方……、あんっ……!」
「すっごい敏感。那由太の弱点だね」
「ふあぁっ──!」
 右と左で愛撫のやり方は違うのに、右も左も同じくらい気持ち良い。その快感は炎珠さんの手で今も扱かれている部分へと集まり、解放を求めて奥の方からじわじわとせり上がってくる。
「……イ、イきそうです……俺、我慢できなっ……あぁ!」
「早ぇな、まだ洗ってやってねえぞ」
「だ、って……!」
 刹が俺の乳首を舐めながら、片手で山盛りに泡をすくった。