第6話 発情期なんかじゃありません!

 朝。
 一日一日と近付いている爽やかな夏の前哨戦とも言える、曇天の六月最中。

「おはようございます、炎珠さん」
「あ、おはよう那由太。今日は早起きだね」
 キッチンでは今日も炎珠さんが俺達の朝食を作っている。今朝のメニューはスクランブルエッグとツナサラダ、ホットサンドメーカーを使ったこんがりトーストのサンドイッチ。

「何か手伝うことありますか?」
「ありがと! それじゃあ三人分の食パンにトマトとレタスとハム、挟んでおいてくれる?」
 たまたま早起きしたからではなく、今日からなるべく炎珠さんの仕事を手伝うと決めたのだ。
 お世話になっていることへの恩返し。昨日のオフ会で華深が言っていたことを、俺なりに実行しようと決めたのだ。

「後は何かありますか?」
「もう大丈夫だよ。あ、そしたら刹起こしてきてくれる?」
「はい!」

 再び二階へ上がって一番奥の部屋のドアをノックし、返事がないのを見越して勝手に中へと入る。相変わらずモノトーンで仕上がった刹の部屋……大きなベッドの上で、その部屋の主が腹を出して寝ていた。
「刹、起きて。起きて下さい、朝ですよ」
「……うるせえ」
 寝起きがあまり良くない刹は、誰であろうと眠りを妨げる者には悪態をつく。俺は溜息をついてベッドの上に膝で上がり、取り敢えずシャツを直して刹の肩を揺さぶった。

「美味しい朝ご飯ができてますよ。こんがりトーストサンドにトマトジュースも冷えてますよ」
「………」
 薄っすらと開いた刹の鋭い目が俺を捉え、同時に腕を掴まれた。
「にゃん太か」
「そうです。炎珠さんに刹を起こすように言われたんで、起きて下さい」
「……にゃん太」
「んっ?」
 寝ぼけているのか、刹が俺の腕を強く引いて抱き寄せ、腰にしがみついてきた。そのままベッドに押し倒されて刹の下敷きになってしまう。

「く、苦しいっ……! 刹、ちょっとほんと冗談抜きで起きて下さっ、……」
「あー、……クッソ突っ込みてえ」
「何がっ?」
 寝言なのか本気なのか分からない爆弾発言に、ぶわっと汗が噴き出した。
 ダメダメ、絶対。心の準備がまだ──
「せ、刹っ。気を確かに持って!」
「んん……」
「痛い、痛い痛い!」
 思い切り力を込めて抱きしめられ、あちこちの関節が悲鳴を上げた。これは寝ぼけている方だ。毎朝こんな感じなのだとしたら、今まで炎珠さんはどんな風に刹を起こしていたのだろう……。

「はあ、よく寝た。飯できてんのか、にゃん太」
「……よく寝れたなら良かったです。ご飯できてますよ」
 完全に目が覚めたらしい刹が、ベッドを降りてドアへ向かった。その後ろに続きながら俺はまだ心臓がバクバクしていて、妙に足取りがぎこちなくなってしまう。

 どうにも華深と喋ったせいで、「そういうこと」を意識してしまっているらしい。
 いずれその時が来ると予感はしているものの、それがいつなのか分からなくて毎分が緊張の連続だ。俺から言い出せるものではないから、二人に委ねるしかないのだけれど……。