第3話 初めてのお仕事? -2-

「はい、お待たせ! 俺特製のサンドイッチ、好きなだけ食べてね!」
 大皿の上に山盛りのサンドイッチを乗せて、炎珠さんがキッチンから出てきた。昨夜はピザで今朝はサンドイッチ。嫌いじゃないが、炭水化物ばかりだ。

「トマトと玉子、それからツナとピクルス入り。ハムとマヨネーズ。ピーナツバターに、イチゴジャム。好きなのを食べてよ、那由太。牛乳もあるからね」

 新聞の上に置かれた大皿を見た瞬間、腹の虫が騒ぎ始めた。炭水化物だろうと何だろうと、朝食は一日の大事なエネルギー源だ。

「美味そう……いただきます!」
「炎珠。俺のトマトジュース取ってくれ」
「はいよ、ドラキュラ男子」

 それぞれテーブルを囲み三人掛け用の広いソファに腰かけ、第一日目の朝食が始まった。朝のニュース番組では天気予報が流れていて、今日は最高気温が29度になると告げている。

 リビングはエアコンで丁度良い温度に冷やされている。実家にいた時は「六月にエアコンなんてまだ早いわ」と、母さんがリモコンを隠していたっけ。

「外行くの、もう暑いよね。夏の間はずっと南国リゾートで優雅に過ごしたいなあ」
「俺は嫌だね。南国は冬に行くモンだろ」
「……お二人は、仕事はしてないんですか?」
 サンドイッチを手にぼんやり問うと、炎珠さんがマヨネーズの付いた指を舐めてからそれに答えた。

「こう見えてフリーで色々やってるよ。刹はフォトグラファーだしモデルもやってたし、俺は一応デザイナーだしイラスト描いたりもしてたし。まあ元々お金には困ってないから、殆ど遊んで暮らしてるけどね」

 人間の男をペットとして囲うのも金持ちの道楽ということか。確かにぶっとんだ思考と金が無ければ、こんな計画を実行しようなんて思わないだろう。

 何しろ渋々ながらも俺が了承した以上、彼らのやっていることは犯罪じゃないのだ。