ビフォア・バースデイ -8-

〈王から話は聞いている。ヘルムート王子。君は俺様からの結婚の申し出を振り切り、地球人の一般市民と駆け落ちをしたらしいな〉
「か、かけおちって何ですか……?」
 この男はヘルムートが地球に逃げてきた原因だ。ビジョン越しとはいえ心の準備もないままそれを前にし、明らかに狼狽している。

 俺はソファから身を乗り出し、ビジョンに向かって言った。
「駆け落ちとは違うけど。俺がヘルムートと結婚することになった地球人、佐島千代晴だ。ヘルはお前から自分の星を守るために地球に逃げてきた。それだけは忘れるなよ」
〈何だこの生意気な小市民は……。俺様はプラネット・ヴァインの王子だぞ〉
 あからさまに不機嫌な様子で、カインが腕を組み俺を睨みつける。

「王子だろうと関係ない。お前にヘルの星を好き勝手にはさせねえ」
〈何だと貴様、偉そうに……!〉
「まあまあ! ケンカしないで!」
 ナハトが俺の肩を引いてビジョンから離した。
「千代晴ちんもヘルちゃんも、カイン王子はちゃんと分かってるから心配しないで。何のためにボクがビジョン持ってきたと思ってるのさ」
「で、でも……」
〈その通りだよヘルムート〉
 別の声がして、俺達は再びビジョンに顔を向けた。そこにいたのは金髪の長い髪が美しい美青年だ。隣には生真面目そうな軍人風の男もいる。

「あ、兄様……それに、先生も……!」
〈初めまして千代晴さん。私はクーヘンの第一王子でありヘルムートの兄、アデリオ・シュトロイゼルです〉
〈自分はヘルムート坊ちゃんの世話役を務めておりました、リゼルと申します〉
「ど、どうも……初めまして」
 美しい、流れるような金髪。白い肌に切れ長の青い瞳……これがヘルムートの兄。直視できないほどの、めちゃくちゃな美青年だ。

〈リゼルから聞いたよ、ヘルムート。誰にも相談できず、一人で星を守るために地球へ行ったんだね。身を隠すことで私達のクーヘンを守ってくれてありがとう。そして、すまなかった〉
「いいえ兄様。おれ、地球きて本当に良かったと思ってます。兄様が謝ることなんてありません!」
〈お父様からヘルムートが地球で伴侶を見つけたと聞いて、カイン王子の星、プラネット・ヴァインと緊急会議を開いたんだ。そこでカイン王子から星の開発計画も聞いた。ヘルムートに結婚を申し込んだのは、その計画をより現実的にするための理由もあった、ということもね〉
 決まりが悪そうな顔で、カインがそっぽを向く。

〈だけどあくまで理由の一つ、だ。カイン王子はヘルムートを好いてくれていた。自分から逃げて地球人の男性と結婚する決意を固めたと聞いて、ひどく落ち込んでいたよ〉
「あ……」
〈ヘルムート王子〉
 こちらは見ずにカインが呟いた。不貞腐れたその顔はまるで、親に叱られた子供のようだ。

〈悪かったな。俺様の決意が王子を追い詰めていたと知り、反省している。……クーヘンにも王子にも手は出さないという書類にサインをした。クーヘンとヴァインの友好関係も今後強まるだろう〉
「カイン王子……。あ、ありがとうございます……!」
 ヘルムートが頭を下げると、ようやくカインが照れ臭そうに笑った。