ビフォア・バースデイ -6-

 その夜、俺は不思議な夢を見た。
 そこは動物たちの楽園で、豊かな緑と水に溢れ、優しい桃色の空に遠くの惑星が透けて見えていた。

 水辺で歌う小鳥の親子。陽だまりの中で居眠りをする子ブタ達に、花畑を駆け回るウサギとリス。
 ツタからツタへと移動するサルの群れ。まだ跳べない子供のカンガルーが母親の袋の中から顔を出し、大きな葉を這う青虫が虹色の蝶を見て笑い、湖ではゾウの兄弟が水浴びに夢中になっている。

 俺はソーダ色の美しい海の底で、細かな気泡が下から上へと昇って行くのをいつまでも眺めていた。体は人間のそれではない。海中をゆったりと揺蕩いながら、俺は自分が大自然の一部になっていることへの喜びを感じていた。

 遠くでクジラの歌が聞こえる。優しい星の光が次々と海の中に飛び込んできて、その泣けるほどの美しさに……繋いでいた誰かの手を強く握りしめた。

 ──ここにはね。

 頭の中で声がする。

 ──愛しか存在しないんだ。