ビフォア・バースデイ -3-

「ヘルちゃん、留守番するって言うから部屋に残してったんだけど……」
「いねえぞ、誰も。そういう動揺サプライズは要らねえから」
「ほ、本当だよ。ヘルちゃん少し具合悪そうで、お腹に気を遣ってたから……温かい飲み物も買って来たんだ」
「………」

 もう一度部屋に戻り、今度は寝室のドアを開ける。

 明かりの点いていない寝室のベッド──その上に、ヘルムートがいた。

「ヘ、ヘルムートッ!」
 青ざめた顔に荒い呼吸。薄い胸板が激しく上下し、尋常でない汗もかいている。
「ヘルムート……! 大丈夫か。目を開けろ、おい!」

 慌てて明かりを点けてヘルムートを抱き起すと、伏せられていた睫毛が微かに震えた。
 薄っすらと開いた地球色の瞳が、苦しそうに俺を見つめる。
「……ち、よはる……」
「どうしたんだ、一体……。腹がおかしいのか? 寝ていた方がラクか?」
「千代晴ちん。……もしかしてヘルちゃん、タマゴが生まれるんじゃ……」
「えっ?」

 ヘルムートは腹を押さえている。その手からは、別荘に行った夜に俺達を包んでいた優しい光が発せられていた。

「千代晴……明かり、消してください……」
「お、おう。分かった、すぐに消す」
 リモコンで電気を消すと、暗闇の中でヘルムートの手と腹が発光しているのがよく見えた。まるで深海に光るクラゲのように、──命が、美しく輝いている。

「どうすればいい。ヘルムート、何か俺ができることはあるか」
「一緒にいて……千代晴、ここにいてください……」
「ああもちろんだ、俺はここにいるぞ。安心しろ」
 ナハトが「うひゃあ!」とジャンプし、寝室から飛び出して行った。
「ボク、えっとえっと……タオルと水、持ってくるね!」

 ヘルムートの手に自分の手を重ね、仄かに光る腹を優しく撫でる。

「大丈夫だ。無事に産まれてくる。……まぁ、こんなに早く産まれるなんて思ってもなかったから、少しビビッたけど……。ヘル、お前飯もたくさん食ってたし、よく寝て、よく笑ってたから……大丈夫。丈夫なタマゴが産まれるはずだ。楽しみだな?」
「……ほんの小さなタマゴなのに、産まれるの、こんなにお腹痛くなるなんて思ってなかったです……」
「痛いよな。でもそれこそがタマゴが滞りなく出てくるって証拠だ。ヘルムート、何も心配しなくていい。俺達は子供の父親になるんだ。家族になるんだよ」
「しあわせ……」