静かな青の世界へと

「千代晴。……千代晴、起きてください」
「んぁ……?」
 ヘルムートの声で目が覚めた朝。窓からさんさんと降り注ぐ日差しが眩しく、思わず目を細める。

「千代晴……」
「何だよ……って、お前、何てカッコしてんだっ……!」
 お目覚め一番、俺の上には全裸のヘルムートが跨っていた。太陽光に照らされた真っ白な肌が、いつも以上に光り輝いている。

「千代晴。おれとセックスして欲しいです……」
「何言って……何だよマジで突然っ!」
「おれもう我慢できません。千代晴の赤ちゃん欲しい……」
「ヘ、ヘル……」
 肌は真っ白なのに乳首だけは薄桃色で、……俺の腹の上でぴんと勃っているソレも、綺麗な桜色で……
「ヘルムートッ!」
 理性が吹き飛び、俺はその芸術的な肉体にむしゃぶりついた。

「あんっ……千代晴、きゅうに、ぃっ……」
「煽ったのはお前だからな、後で文句言うなよ!」
「ああぁん、千代晴ちんのぶっといの気持ちイイィ!」

 ──あれ?

「っ……!」
 ベッドから飛び起きた俺は全身冷や汗状態で、「今も腕に抱きしめているソイツ」の顔を見上げた。
「ニヒヒ、千代晴ちんてば朝から大胆! どんな夢見てたの~?」
「ナ、ナハト……てめぇ……」
「でもキミなら一発ヤらしてあげてもいいじょ。本当なら日本円で五万は頂くけどね!」
「てめえぇ──ッ!」
「がふっ……!」
 思わず渾身の右フックを喰らわせてしまった。俺の上から転がり落ちたナハトが床に尻餅をつき、「あいてて」と赤くなった左頬を擦っている。

「んん~。めっちゃいいパンチ。刺激的過ぎて勃っちゃいそう」
「マゾ野郎め……! 勝手に人の上乗って何やってんだ……ていうか自分の部屋帰れ、隣だろ!」
 ヘルムートはソファの上でくうくう寝ている。……見られてなくて良かった。

「ボクもパートナー作りたいなぁ。SかMに極端に偏ってるイケメン、千代晴ちん知らない?」
「知るかっ!」
 つまんなーいの、とナハトが俺から降りてリビングの方へ向かった。
「日本て平和過ぎてやることないよねぇ。やることないからカフェオレでも飲もっと」
 勝手に冷蔵庫を開けてカップのカフェオレを取り出すナハト。あの夢の続きは惜しいが、すんでのところで目覚めることができて本当に助かったと思う。

「日本も言うほど平和じゃねえよ。それか、刺激が欲しいなら海外のスラムにでも住めばいいじゃねえか」
「ボクは構わないけど、ボクが日本からいなくなったら皆が悲しむからさ」
 誰が悲しむというんだ、一体。

「それよりさぁ。キミ、まだボクのことあんまり信用してないでしょ」
「まあな」
 ストローを咥えたナハトが眉間に皺を寄せ、頬を膨らませる。
「まあ疑われるのは慣れてるし普段なら全然気にしないけど、今回だけは信用されないと仲間に入れてもらえないからね。キミ達を応援してるってこと知ってもらうために、ボクいま絶賛『円』稼ぎ中なんだよ」
 そう言ってカフェオレのカップをテーブルに置き、ナハトがポケットから預金通帳を取り出した。