ありがとうとごめんなさいの夜 -4-

「ヘルムートッ……!」
「ひゃあぁっ! ち、千代晴っ!」
 ヘルムートの下着に左手を突っ込み、中にある未成熟なペニスを握る。少しだけ芯を持ったそれは汗ばんでいて、柔らかかった。

「んやぁっ……千代晴、握らないで下さいっ……」
「痛くねえだろ、優しく触ってる」
「ち、違うです……恥ずかしいから、ぁ……!」
「人のモノは平気で咥えてた癖に、何言ってんだ。俺はされっぱなしで喜ぶような男じゃねえんだよ」

 宇宙人のペニスなんて想像したこともなかったが、触った感じは普通の男と同じだ。つくりが同じなら感じる部分も一緒のはず──下着の中を弄りながら、亀頭の裏側を指の腹で擦ってやった。

「あっ、ンん……! そこ、やです……!」
「静かに。……黙って俺の指、感じてみろ」
「は、ふ……。千代晴、すごくエッチ……あぅ、……」
「……これでも我慢してる方だっての」
 握っていた手の甲でヘルムートの下着をずり下げ、硬くなったそれを露出させる。

「あ、……千代晴……」
「さっき俺にもしただろ。アレがどんな感じか、お前自身にも教えてやる」
「は、ぅ……胸が、ドキドキして、……」

 取り敢えず下着を脱がせて床へ放り、ヘルムートの白い脚を持ち上げ左右に広げる。ヘルムートが大人しくされるがままになっているのは、恐らく本で得た知識以外のことを「知りたい」からだろう。その証拠に、腰の下から伸びた長い尻尾がふりふり揺れている。

 好奇心旺盛なのは良いことだが、果たしてこの穢れを知らない体にそんな知識を叩き込んで良いものか……いや、ここまできたらやるしかない。

「ちょっとマジでビビるかもしれねえけど、我慢しろよ」
「お、脅かさないで下さい……。でも千代晴にされること、おれきっと我慢できます……」

 口元に手をあて、潤んだ瞳で俺を見つめるヘルムート。その顔が快楽に崩れるところを早く見たくて、俺は股の間で緩く反応している彼のそこへと唇を近付けて行った。

「やっ──!」
 初めての衝撃にヘルムートの腰が跳ね、開いていた脚を無理に閉じようとして俺の顔を太股でがっしり挟む格好になる。柔らかい内股に両サイドから圧迫されるのは悪くない心地だが、これではいつまで経っても終わらせることができない。

「ヘル、脚……」
「わ、ご、ごめんなさい。千代晴言ったように、おれビックリしてしまいました……」
「仕方ないけどな。でも痛くはねえだろ、ちらっと舐めただけだし」
「おれが千代晴の口に入れた時も、千代晴こんな気持ちでしたか……?」
「ああ、同じ気持ちだったよ。……いやもっとヤバかったかな……」
 ひゃあぁ、とヘルムートが恥ずかしそうに両手で顔を隠した。